金銭的、時間的に無駄のない留学をし、帰国後の就職を成功させるために

日本にいても、NHKの英会話やラジオや本などを使って勉強すれば、いずれは英語が話せるようになると思います。
その他、授業料と膨大な時間をかければ英会話教室に通って、ネイティブのような発音で英語が話せるようになるかもしれません。

しかし現地の文化や日常生活など色々な経験をしながら、最短で英語を学ぶには留学はとても有効な手段だと思います。
日本にいて英会話教室や高い教材を色々試すよりも、安く上がることもあると思います。
しかし留学に行ったからといって全ての人がすぐに英語が身につくわけではありません。

私の経験上、英語を効率良く学ぶためにはホームステイが一番だと思います。
ドミトリーでの共同生活も良いですが、一緒に住むのは日本人やアジア圏やその他の国の留学生がほとんどで、楽しいですが英語の勉強に
なるかというと、日本にいるよりマシ程度です。

しかしホームステイはスティ先でかなり左右されるので、おかしいと思うことがあったら必ずコーディネイターの人に話をしたほうが良いと思います。

とにかく英語を毎日一語でも多く話すことが重要です。留学で英語だけでなく積極性を学ぶことで、日本に帰った時の就職活動でプラスとなることも多いです。

その他現地で英語以外の習い事をすることをすることをお勧めします。
しっかり英語を習得して帰国したら、希望の就職先が見つかるとは限りません。
英語を必要とする就職先に応募するのは英語が堪能な方がほとんどです。

英語はツールの一つでしかなく、英語を使って何ができるか、自分の売りとなることをしっかりと把握しアピールしなければなりません。
私の場合は前職を退職後、アメリカに一年留学しました。
前職がIT関係だったのですが、外資系の貿易会社に就職することができました。

転職活動の時によく聞かれたのが、なぜ前職を辞めてまで語学留学したのかと、別業種になぜ転職したいのかでした。
前職で英語を使用する機会が多かったのですが、英語の知識が足りず迷惑をかけたことや、もっと学びたいと思ったことを話しました。

前職で身につけた技術を英語と絡ませ、どう生かせるか説明しました。
趣味でホームページ作成や画像処理をしていましたが、それも生かすことができました。

国内外の人に向けたインターネット販売サイトの仕事を任せてもらうことになりました。

その会社がどのような人材を求めているかしっかりと把握し、自分の言葉で説明できるようにすることが重要だと感じました。
日本の美徳とする謙遜はとてもいい文化だと思いますが、就職活動において時には自分が会社にとって、他の応募者より必要な人材であると自信を持って売り込むことも必要だと思います。