フィリピンへの語学留学について気をつけた方が良いこと!

フィリピンへ英語を学ぶために語学留学しようと思っている方は、まず何英語を学びたいのかを冷静に考えてからにした方が良いと思います。

費用の安さはこの上ないほど魅力的ですし、同じアジア圏内という距離的な近さや親近感もあると思います。
ただ、フィリピン人の多くは敬虔なキリスト教徒で文化は大きく異なりますし、日本からの飛行時間も英語を公用語とする、しかもグローバルスタンダードとなっている英語の国であるアメリカ領のグアムやサイパンより長くかかります。

何よりも目的と照らし合わせて熟考すべきは、英語を話す際のイントネーションです。
フィリピンでは英語も公用語として使われていますし、以前はアメリカ軍基地もあったりと、非常にアメリカの影響を色濃く受けている文化を持つ国です。

ただ、一般的なフィリピン人が話す英語は、アメリカ人をはじめとする諸外国の英語を話す人間には理解が難しいほどの強い訛りを伴います。

それが故、「同じ英語」と金額だけで選ぶと、フィリピン以外の国の人間と英語でいざ会話する段になって、自分の話す英語が相手に通じない可能性が往々にして出てきます。
もし同じ英語習得の目的でも、会話ではなく文法や読み書き、読解を目的としているのであれば、それなりの知識を持つ講師のレベルを揃える学校を選べば、卒業後に活かすのに支障ない内容を習得することが可能だと思います。

…ただ、会話抜きの英語の能力が受験以外で実際にどれほど価値のあるものなのかは未知数です。

もしくは、フィリピン人の中でも私学の学校でフィリピン訛りが無く一般的に通じ易いイギリス英語やアメリカ英語を身につけている人もいるので、多少金額的な安さの魅力には反するかもしれませんが、そういった訛りの無いフィリピン人や、アメリカやイギリス出身の講師を揃えている学校を選ぶと、生活費の物価は安く抑えつつ卒業後にもいろいろな場面で使い易い英語を学べるかと思います。

ちなみに、先にも述べたとおり、アメリカ文化の影響を色濃く湛えているので、アメリカ本土よりも身近なフィリピンでアメリカ文化に触れることはできると思います。

また、これはある程度長い期間滞在する留学においては特筆すべき点だと思いますが、フィリピンは食べ物がとても美味しいです。
日本人の舌に非常に合います。

東南アジアというと、名前からそれがどんな料理なのか想像がつかなかったり、辛かったり酸っぱかったり甘かったりと日本人にとってはちょっと極端だったり少々冒険するつもりで心の準備をしないと臨めない食べ物が多い印象ですが、フィリピンの料理は滋養たっぷりの優しい味からじっくり味を染み込ませたおふくろの味、元気が出そうな揚げものまで何を食べても味が奥深く、出汁文化の日本人に通じるものがあるのではないかと思うほどです。