1番効率のいい英語学習は本当に海外留学なのだろうか?「海外に行けば話せるようになる」はホント?

現在、日本のグローバル化に伴い、英語学習者が増えてるとおもいます。

英語学習の最も一般的な方法の一つとして海外への短期、または長期の留学が有名だと思います。
誰もが「海外に行けば話せるようになる」と言って高額の留学費を払って英語を学びに旅立ちます。

私も、実はその一人です、でも現実はそんなに甘くない。海外に行く日本人の多くは日本人で固まって、海外にいるはずが結局、日本にいるときとほとんど変わらない生活になってしまう、中にはもちろん、それを防ごうと頑張ってる方もいます。

帰国後、たくさん考え最も効率が良く財布にもやさしい方法にたどりつきました。それがオンライン英会話です。

まず初めに、英語を学ぶとは何か考えてみてください。小学校、中学校みたいに教科書と面向かって勉強? 僕は正直にいうとそれも大事だと思います。土台がしっかりしてないと大きな家は立ちません。土台は出来たとして、最も大事なのは家を建てることです。

それが「英会話」であり、たくさんの方がつまずくポイントだと思います。

「英会話」をのばすためには、量です。毎日英語をしゃべる環境づくり、それをするためにもっとも効果的なのが上でも述べましたが、「オンライン英会話」なのです。

オンライン英会話にもたくさんの種類があります。
大半のオンライン英会話は講師がフィリピン人です。

彼らもとても流暢にえいごをしゃべります、なので初めてオンライン英会話をされる人は、かなりおすすめです。
継続できるいいポイントがたくさんあります。

激安、いつでも英会話可能、自分のライフワークに合わせてできる、などなど。
一日30分でも英語をしゃべる環境をつくる、それが英会話を上達させる第一歩だと思って下さい。
質問が浮かんだとき、ネットで調べてもどれが本当か、正直わからないときがあります。

そんなときでもオンライン英会話の講師は的確な生きた英語を教えてくれます。

二つ目に、フィリピン人講師に慣れてきたら、次のステップに進んでほしいです。
それは、ネイティブスピーカーとのオンライン英会話です。
やはり、こちらはフィリピン人に比べて少し会費が上がります。
それでも、予算的にも余裕ができたら、ぜひ体験していただきたい。
この二つには大きな差があることを自分の体験から約束できます。

まず発音。
スピードもかなり違いますが、アクセントの強さ、単語と単語のつながり、より日常的な語彙。
これらは、どうやってもネイティブスピーカーとの会話をしない限り学べないことになります。

またアメリカ英語とイギリス英語でもかなりの差があります、こういったことも学べるいい機会になります。
また最近はいろんな有名な教材を無料で貸してくれて、それを使って授業してくれたり、英検、TOEIC、IELTSなどの試験対策用の授業を選択出来たりするオンライン英会話もあります。

初めてで、どんなものか不安な方も安心して出来るように、もちろん無料体験レッスンなんかもあります。
私も、数多くのオンライン英会話の無料体験レッスンをして選びました。

今では一日30分のレッスンが毎日あるプランでネイティブスピーカーと英会話してます。

今ではたくさんの生きた英語、どんな単語が使われているのか、どんな言い回しがあるのか、そういったことを中心に講師に質問したり、何気なく出る会話からピックアップしたりして英語を学びなおしています。
みんながみんな初めから英語はしゃべれません。

日本という国で暮らし、日本語だけに囲まれてきた生活をおくって、英語が喋れるひとなんていません。
しゃべれる人は、ある程度の努力、子供の時に学校で学んだ方法とはまた違う観点から英語を学んだ人、環境を作りをしっかりしてきています。
難しいことはありません。まずだまされたと思って、タダだし、無料レッスンしてみてください。
一緒に英語を自分のものにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

答えを半角数字で入力してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.