コスパはとてもいい!でも日本語サポートの先生の人数が少ないDMM英会話

オンライン英会話比較ランキング

1年ほどDMM英会話を継続しています。オンライン英会話はたくさん種類があり、いざ始めよう!となるとどれにしようか迷うと思います。私もそうでした。どれにしようと迷った結果、ネットのランキングを見て必ず一位にあったことから、DMMを私は選びました。

なにもわからず、手探り状態だった私ですが、1年も継続していると何となくDMM英会話というものをつかめたような気がします。私の体験をもとにDMM英会話について紹介していきたいと思います。

まず、コスパについてです。コスパに関しては私は何も文句がないと思います。他のオンライン英会話と比較してもここまでコスパがいいのはDMMだけだと思います。しかし、毎日継続できる方にはかなりコスパがいいのですが、毎日継続できない方には損をしてしまうと思います。なぜなら、1日1回のコースを選択したとします。すると、その日やってもやらなくても振替はできないのです。1回でもすっぽかしてしまうと大損したような気分になります。1日1回で換算するとかなりお得なのがDMM英会話です。

レッスンは一回につき25分。正直しんどいです。英語が苦手な私にとっては、本当に毎回が苦痛です。言葉が通じず、とても講師の先生に申し訳ない気持ちになります。もちろんほとんどの先生には日本語は通じません。いつになったら楽しくなるのやら、、、笑

次に講師について紹介します。合格率5%を突破したエリートの先生を採用しているのが売りなようです。難関大学の現役大学生や卒業生、豊富な講師経験者などを採用基準としているそうです。世界各国より講師を採用しているということで、それは間違いないです。講師を探すと本当に知らないような国からも先生がいます。

フィリピンなどアジアが多めだな、と私は個人的に感じます。プラスですこし高い料金を加算すれば、ネイティヴプランと言って、ネイティヴの国の先生だけから教わることができるプランもあります。私には余裕がないのでフィリピン人の先生と頑張っていますがそれでも問題ないです。

ここで私が感じたデメリットを紹介します。日本語サポートという講師の枠があります。日本語を話すことができる先生のことです。この日本語サポートの先生のレッスンを取れる倍率がとても高いのです。本当に取れず、取れた時は本当にレアです。

そこの雇用を少しでも増やしてもらえたら文句は無いなと思います。日本語サポートの先生は本当に安心感が持てますのでオススメです。英語が分からず、少し行き詰まってしまったときも、優しく日本語で教えてくれます。日本語の上手さにこちらが驚かされます。大学で日本語を学んでいる先生も多いようです。

レッスンの内容は幅広く、様々なバリエーションに富んでいます。無料でテキストを使用できますし、余計な出費はありません。そこがありがたいです。他にもTOEICや英検にも対応しており、先生方には感謝しかありません。もちろんフリートークでも対応可能です。今日の出来事、趣味、音楽などなど、いろいろなことについて意見交換をします。日本語サポートを取らない限り、英語しか通じませんのでお気をつけください、、、笑

さて、DMM英会話をするにあたって必要なのはSkypeです。電波状況は先生によってかなりピンキリです。画像が荒くなったり、声が全く聞こえない先生もいますのでそこは注意が必要です。声が全く聞こえず一レッスンを無駄にしてしまったこともありました。また、こちらのマイク接続などが問題の時もありますので設備はしっかりと準備しましょう。

長々と説明してきましたが、私個人の意見としてDMM英会話はオススメです。もし困ったら、先生には必ず五つ星の評価が付いていますので参考にできます。ぜひ、参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

答えを半角数字で入力してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.