転職先として興味を持った会社の応募条件がまさかのTOEIC600点以上だった

私はTOEICについて良く知らず受けたこともありません。
英語はもともと好きで大学の頃に春休みを利用して語学留学に行ったことがありますが、TOEICを受けて就職や転職に利用しようと思ったことはなかったのです。
そんな私ですが現在主人が転職を考えていて、気になった求人の応募条件に「TOEIC600点以上」と記載があり、興味を持ちました。
そこには「現在TOEIC600点以上持っていなくても採用された場合は必ず取得してもらう」という趣旨のことが書いてありました。
なぜわざわざ記載があるのだろうと不思議に思いました。
その会社は日本の会社ですがメールなどで海外の取引先とやり取りをすることが多いようで、そのために社員にTOEIC600点以上取得を義務付けているようです。
少し気になって調べてみたところ、TOEICのスコアが高い人とそうでない人では就職や転職に有利というだけでなく、年収が200万円も違うという記事までありました。
今は大手企業に転職する際にTOEICの点数を求められるということも多いようです。
やはり即戦力としての人材確保のために英語スキルが求められるということなのでしょう。

私の留学時代の友人に現在海外赴任をしている男性がいます。その人はTOEIC700点台から900点台まで上げて、誰もが知っている大手自動車メーカーに転職をしました。
入社した当初から海外のお客様が来た時の通訳や案内業務をしたり、とても早い段階で海外赴任が決まり今ではいくつもの国を転々として大きな仕事を任されています。
話を聞いているだけでも優遇されているのが分かります。
もちろんTOEICのスコアや英語力だけでそこまで昇進しているわけではなく、その人の実力であるとは思うのですが、TOEICのスコアが高い人というのは低い人よりも大きなチャンスをもらえたり、仕事を任される時期が早かったりするのかなと感じます。
そういった意味では自分の求めているレベルの仕事をするためにも、必要であればTOEICのスコアを上げることはとても良いことだと思います。
私もこれから転職を目指す主人と本格的にTOEICの勉強に取り組んでみようかと考えています。
転職の為だけとなるとなかなか重い腰が上がりませんが、スコアだけを目指すのではなく二人で海外旅行に行った時にも英語が出来ると楽しみが増すよね、という別のモチベーションを持ちながら続けたいと思います。
それで自分たちの英語力が上がることにより、結果的に良い転職に結びつけば最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

答えを半角数字で入力してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.