VoiceTubeで英語リスニング力が飛躍的にアップする10の理由

英語を学習するときに日本人が特に困るのが、聞き取り。リスニングですよね。

なぜかというと、そもそも単語の語彙力が少ないっていうことももちろんあるのですが、重要なのは発音。ネイティブの発音は「This is a pen」を「ディス」「イズ」「ア」「ペン」って区切ってくれないし、それぞれの単語も明瞭に発音してくれない。

さらにはリエゾンで単語同士の末尾と先頭がくっついてしまって流れるように話されると、仮に文中に使われている単語とその意味を知っていたとしても、まず、「今言ったのは何の単語なの?」というところから始めないといけない。

後でテキストを見たら、「え?これだったの?そうは聞こえなかった!」ということもしばしば・・・というかほとんど?

そんな時に良い学習方法なのが、英語を英語字幕で聞くこと!

英語字幕があれば、話している内容と文章を一致させることができ、単語同士がくっついて発音されるときの音も確認できます。

この、字幕を見ながら英語を聞き取る学習法に最適なのが、今からご紹介する「VoiceTube」です。自分のレベルに合った動画を効率的に探すことができるだけでなく、いろいろなお役立ち機能がついているので、楽しく英語に取り組むことができます。

それでは順番に見ていきましょう。

VoiceTubeをおすすめする10の理由

1.レベル別で動画が選べる

英語の音に慣れるために、リスニングをCNNニュースや英語字幕付きのDVD・またはYouTubeなどで学習している人も多いと思います。

しかし、難しい、または簡単すぎるなど、自分のレベルに合わせたピッタリの動画を探すのは難しいもの。その点、「VoiceTube」なら、レベル別に動画が分けられているので、自分のTOEICの点数を目安に探すことができます。


私が「中級 TOEIC550-780」を選んでみると・・・


こんな感じでずらっと表示されました。うーん。どれを見ようか迷ってしまう。

2.ジャンル別に動画が選べる

勉強するのに四の五の言うなと思われるかもしれませんが、動画の好みってありますよね。

やはり好きな内容の動画であれば何度でも見たいし、苦手な動画は1度で最後まで見るのはきつい・・・この「VoiceTube」のいいところは、自分で見たい動画ジャンルをセレクトできること。


このように一覧画面で絞ることもできます。ジャンルも幅広くて映画やアニメからビジネス・TOEIC・TOEFLなど様々な種類が用意されています。


ジャンル別については、後ほど「設定」から簡単に変更することも可能です。こちらの方がよりきめ細かくジャンルを絞ることができます。

3.英語を使う国のアクセント別に選べる

英語はアメリカ・イギリス・オーストラリアなどで結構違うということで、TOEICのリスニングテストではいろいろな国の方が話す英語が混ぜられていますよね。

とは言うものの、私からしたらみんな「英語」にしか聞こえないです。「違う」ということはなんとなくはわかりますが、明確に違いが説明できない感じです。

そんな時「VoiceTube」では、国別に動画を選ぶことができます!これで自分が覚えたい国の発音を集中的に勉強できますよ~!


個人的には「その他」が気になるのですが・・・いったいどこの国のなんだろう?そしてそれを学ぶ意味は?

4.動画の長さからも選べる


空いた時間にちょっと見たい時、がっつり長時間勉強したい時、それぞれに適した動画の長さを選ぶことが可能です。カテゴリは3分以下・3~5分・5~10分・10分以上の4つ。通勤時間の英語学習がはかどりそうですね!

個人的には、短いものを繰り返し聞く方が性に合っていると思っていたので、これで自分の好みの長さを探せます!

5.文章が文節ごとに区切られていて、どこを話しているかわかりやすい


画面の下とは別に、右側に、文節ごとに区切られた字幕がついています。

ここでどこを今話しているのかがわかるようになっています。また、聞き取れなかった文節・もう1度聞きたい文節は左の再生マークを押すと繰り返してやってくれるので便利!細かく区切られているからリエゾンの確認に超お役立ちです!

6.日本語字幕付きも選べる


正直なところ、英語字幕で英単語だけ並べられても、結局意味が解らない・・・そんなあなたには英語と日本語両方の字幕が表示される動画がおススメ!これはわかりやすい!

「日本語字幕付き動画」の選択肢は「ジャンル別」の一番上にあります

さらに、字幕表示は表示・非表示を選ぶことも可能です。一度目は日本語字幕付きでおおよその意味が取れたら、二度目以降は英語のみなんて使い方もできちゃいます。

残念ながら日本語字幕は一部のみ対応なのですが、まず「VoiceTube」初心者はこの日本語字幕付きの動画から勉強してみてもいいかも?

7.英単語の意味がわからない場合はその場で調べられる


リスニングと同時に単語学習もできちゃうのが「VoiceTube」のいいところ。表示される字幕にカーソルを合わせてクリックするだけで、その単語の意味が確認できて、その上単語帳まで作れちゃう。

「あ~この単語!なんて意味だっけ?後で調べよ~」と思っていたとしても、つい忘れてしまう・・・ということを防いでくれます。

8.音声の速度が選べる

あんまりペラペラ離されると、「もっとゆっくり話してよ~」とか思う時、ありますよね?「VoiceTube」なら、ゆっくり速度が選べるので、聞き取りづらい時はこれでリピートしてみるのもアリです。

9.クイズで聞き取りづらい単語をチェックできる


クイズ付き動画というのもあります。これは、動画の英語字幕の一部を確認してタイプするもの。サラ~っと話されるとつい聞き逃してしまう単語を改めて確認!

10.シャドーイングした自分の声を録音できて確認できる


実は、人は話せる音は聞き取れるのだそうです。ということで、実際に聞き取るためにはその単語が発音できないといけません。これに役立つのがシャドーイングです。

動画で話される文章を影のように追いながら自分も話してみる・・・という勉強法なのですが、「VoiceTube」の凄いところは、それを録音できて、かつ実際の音源と交互に聞いて確認することができるところ。


まず、録音したいフレーズを選び・・


マイクボタンをクリックすると録音スタート!


録音したフレーズは、実際の音源との比較もできます!これを聴くと、話せている「つもり」でも実際そうでないことにへこみます・・・もっと頑張らねば!

まとめ

いかがでしたか?使える英語が学べる機能が満載の「VoiceTube」。

今回はパソコン画面で説明しましたが、スマホのアプリもありますので、アプリも活用すればいつでもどこでも好きな時に好きな時間だけ英語に触れることができます!

これからもコンテンツは続々追加されるのが楽しみです。

ユーザー情報の登録からSNS的な機能もあって、英語学習友達を作ってみるのも楽しいかもしれません。

いずれにしても、今までの英語学習メソッドのいいとこ取りをしたような「VoiceTube」、これからすごいメジャー学習方法になること請け合いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

答えを半角数字で入力してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.