YOUTUBE動画で人気のESLチャンネル!mmmEnglishは英語学習に最適!?

mmmEnglishというyoutubeの動画チャンネルがあります。
https://www.youtube.com/channel/UCrRiVfHqBIIvSgKmgnSY66g/videos
英語を学びたい、もしくは学んでいるという特に初心者から中級者の方にぴったりな動画チャンネルだと思います。私自身、ずっと英語を勉強してきていますが、自分がまだ英語初心者だったころにこんな英語の教材があったらよかったのにというのがまさにこのサイトです。

英語学習者にとって、一昔前、一番苦労したことは教材探しでした。英語を身につけるためには留学か外国人の友達を国内で探すか、的確なテキストを見つけるかぐらいしかなかった時代、まだインターネットがなかった時代です。

留学はお金もたくさんかかりますし、そんな簡単に決断し、外国にいける時代でもありませんでした。今でこそたくさんの外国人が国内にいたりしますが、昔は外国の人を見つけることすらめったにないことでした。

そうするとどうしても自分にあうテキストを見つける必要があるのですが、カセットテープやCDといった音源のあるものがまだとても少なかったのです。

今現在はインターネットがあるので、今の若い方がとても羨ましいぐらいです。しかし、逆にネットには様々な情報が溢れ返り、どれを選んだらいいか迷うというのも事実だと思います。youtubeで英語学習などと検索すれば山のようにサイトが出てくると思います。

しかし、そのほとんどは日本人が日本語で英語を解説してくれる、もしくは外国人やハーフの人が日本語と英語両方を交えて、解説してくれるというものだと思います。もちろん、今から英語を始めたいとか、英語がまったくわからないという方にとってはそこからはじめるのがいいと思います。しかし、ある程度英語を勉強している方や、もっと英語力をステップアップしていきたいという方はいつまでも日本語で学んでいても、正直なかなか上達していきません。

それはなぜなのでしょうか?それを解き明かすキーポイントは言葉とはなにか?ということにあると思います。人は言葉をなぜ話すのでしょうか?それは目的があるからです。

何かをしたい、何かを食べたい、どこかに行きたいなどなど、目的があるので、それを達成するために、目的のための手段として言葉を利用しているわけです。お腹がすいて、ハンバーガーを食べたいのであれば、黙っていても誰もわかりません。

親にお腹がすいた、ハンバーガーを食べたいという必要があります。お店ならハンバーガーをくださいといわなければいけません。目的は食べることで、言葉はあくまで目的のための手段なわけです。

ここで1つ私の個人的な失敗の経験談を書かせていただきたいと思います。私は英語が大好きで、私の学生時代はずっと英語の勉強を頑張ってきました。英語をマスターすることが私の目的でした。

大学で一生懸命勉強を頑張り、1位になって奨学金を頂き、バイトも頑張ってお金をためて、1年間念願だったオーストラリアに留学しました。そして、ホームスティ先のお母さんが聞いてきたのです。貴方は今まで何を頑張ってきたの?私はずっと英語を頑張って勉強してきましたと答えました。

そしたら、お母さんがここはオーストラリアよ、英語が話せるのは当たり前よ。What else can you do? で、他に何ができるの?と聞かれ衝撃を受けるとともに、黙り込んでしまいました。なぜなら、他に何もできないからです。残念ながら、私は歌が上手いわけでもなく、絵が上手いわけでもなく、ただただ、英語をマスターすることだけに人生費やしてきたので、他に何ができる?といわれても何もできませんでした。

そして、1年間の留学が終わり、確かにいい経験でしたが、肝心の英語力はほとんど変わりませんでした。その後同じように留学しても大して、英語力は伸びなかったという人にもたくさん会いました。

原因は明らかで、英語を話すこと自体が目的となっていたからです。英語も言葉なので何か目的があって、そのための手段として活用する必要があったのです。そのことに気づいた私は、目的を見つけ、それを英語という手段を利用して、学ぶということを心がけ英語力はぐっと伸びました。

上で書きましたとおり、ネットである英語学習動画チャンネルは日本人であれ、外国人であれ、日本語で解説していることが多いので、英語学習が目的となってしまっているのです。しかし、mmmEnglishの動画チャンネルはすべて英語です。日本語はありません。しかも、きちんと英語学習者のことを意識してくれていて、わかりやすく、はっきりと、そして多少ゆっくりめで話してくれています。

このサイトのいいところは手段は英語でかつ英語学習者ということを理解した作りになっていること、そして、目的は他のものや、英語でも、より具体的な目的があることが素晴らしいところだと思います。

◆お薦めの動画

mmmEnglishは今のところ大きく分けて4つの部類に分かれます。

1動詞の使い方 2発音、イントネーション3文法 4その他(季節のイベントなど)に分かれます。

一番お勧めなのは動詞の使い方です。これは正直かなり有難いコンテンツです。初心者の方から中級者以上の方でもかなり利用価値のあるコンテンツだと思います。例えば皆さんはblowという単語を使えますでしょうか?使えると答えた方、それではblow off,blow away ,blow up,blow up atなどなどの使い分けはできますでしょうか?

こういった単語や熟語を使い分けている日本人の英語学習者にはほとんどあったことがありません。こういった表現を使いこなせるとよりネイティブに近づけると思います。私の通っていた大学のカナダ人の先生も同じようなことをおっしゃっていました。Keepという単語を使う学生はいても、keep up や keep up with などを使っている学生にほとんど出会ったことがないと。でも、とても大事な熟語であり、ネイティブに普通に使っている熟語たちです。

(参考)



あと、発音やイントネーションのコンテンツは特に初心者の方にとって大事です。肝心なことは発音はあとからではなく、必ず英語学習の最初にやる必要があるということです。私自身も発音の大切さに気づかずに後回しにしてしまい、最初に文法などに力を入れてしまい、後悔しています。

英語には(特に母音)日本語にはない音が結構あります。当然ながら自分で発音できない音は聞くことも出来ません。その状態のまま文法やらどんどん先に進んでも、音は聞けないままです。特に子音の中では、R,L,F,Vの音に注意です。なぜなら、日本語の音とはまったく異なるからです。そしてもっとじっくり学ぶ必要があるは英語の母音の音です。

母音といえば、a,i,u,e,oで簡単だと思われるかもしれませんが、これが実は曲者なのです。サイトの中でも母音に関するコンテンツ(下に参照)がありますが、日本語の母音と英語の母音は全然違います。

そもそも英語の母音を日本語の母音で無理やり当てはめて発音している時点で、英語のきれいな、そして正確な発音からは外れていきます。その中でも特にaの発音には英語では3種類のaがありますが、そのどれもが、日本語のあの発音とは異なるのです。

(参考)



この2つを中心として、学んでいくことになると思いますが、たまに季節のイベントごとなどの動画があるのは息抜きがてらになっていいと思います。

◆mmmEnglishというサイト

今の若い方を始めとして、英語学習者の方はネットがありとても恵まれていて、羨ましい限りだと思います。中でも、mmmEnglishのようなこういったサイトが無料でアクセスできるというのは有難いと思います。

すべて英語ですが、きちんと英語学習者のことを考慮し、念頭において、意識して話してくれているので、よりわかりやすいと思います。更新頻度は基本1週間に1,2回前後といった具合なので、無理なく学習していくことができると思います。

皆で英語をマスターし、使いこなせるようになって、それぞれの目的を達成しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

答えを半角数字で入力してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.