4:カランメソッドをやりたくてプレミアム英会話に入りました!

俺のオンライン英会話

今回の体験談を書いてくれたのは、子育てをしている主婦の佐藤さん(仮名)
オンライン英会話でカランメソッドを受講していた佐藤さんに、カランメソッドのやり方や効果などをお伺いしました。

1,オンライン英会話をやろうと思ったきっかけを教えて下さい。

私がオンライン英会話をやろうと思ったきっかけは、ずばり!時間もお金もなかったから。

私は、独身時代、オーストラリアに一年間住んでいました。

海外に行けば英語をしゃべれるようになるだろうという、安易な考えで。。。
でももちろん、その野望は見事に打ち砕かれることになるのです。

語学学校に行けば、多くの日本人。
授業以外は日本語で過ごせるし、結果、私の英会話力はあまり伸びませんでした。

その後結婚し、今は3人の子供を持つ専業主婦です。
海外にまで行ったのにしゃべれるようにならなかったという後悔が、子育て中も、心のどこかで引っかかっていたのでしょう。

いつかはしゃべれるようになりたい、という願望は常に頭の中にありました。

しかし、当時はまだ幼稚園にも入ってない一番下の子の面倒を見ながら、掃除、洗濯、買い物、食事の準備、そうこうしているうちに、幼稚園と小学校の上の子たちが帰宅。

当然、私が優雅に街の英会話教室に通える時間なんてありません。

「たとえ時間が取れたとしても、専業主婦の私が、高いお金を払って自分のために習い事なんてできない、でも、しゃべれるようになりたい!!」

と悶々とした日々を送っていたある日、オンライン英会話のことをテレビで知りました。

ほとんどのオンライン英会話は夜中までやっていて、費用も教室に通うのと比べて半分以下!

さらに自分の家でできるなんて、子育てで忙しい私たち主婦や、日中忙しくて教室に通えない社会人の方々に最高のシステムではないでしょうか!?

これだ!と思った私は、すぐにオンライン英会話の情報を集め始めました。

2,プレミアム英会話に決めた理由

オンライン英会話に興味を持ち始めてから、インターネットでいろんなオンライン英会話のホームページを見たり、実際やっている人、やったことのある人の口コミをたくさん読みました。

驚いたことは、こんなにもたくさんのオンライン英会話があるんだということ。

「オンライン英会話」と一言で言っても、いろんな種類があるんですね。
先生の国籍もさまざま、日本語もわかって、日本人の弱点をよく理解できるという理由でしょうか、あえて日本人を講師にしているところもありました。

テキストに沿ってレッスンするところもあれば、何も使わずにフリートークをするところ、TOEIC対策のレッスンや、発音矯正のレッスンなんかもありました。

いろいろ見ているうちに、「カランメソッド」という言葉を見つけたんです。

みなさん、あまり聞きなれない言葉ではないでしょうか?

私にとっても、初めて聞く言葉。
「メソッド」ということは、何か英語が上達できる秘密の方法でもあるの??
どんどん興味が湧いてきました。

調べていくうちに、カランメソッドとは、通常の学習法で勉強するよりも4倍速く英語をマスターできるという学習法だということがわかったんです。

なんとも魅力的な方法!!

でもまだあまり広く知られてない方法なのでしょうか?
カランメソッドのコースがある教室はそんなに多くありませんでした。

その中でも、私が「プレミア英会話」にした理由は、講師のみなさんが自己紹介をしている動画が見れたから。

ほとんどのオンライン英会話でも、ホームページ上に講師の写真は載っていますが、生の声を聞けるところはなかなかありません。

写真だけ見るより、実際に声や話し方を聞ければ、ある程度、その人の雰囲気や人柄がわかって、安心ですよね。
私も予約を取る際は、この動画を参考にしました。

この動画こそ、私が、ここにしよう!と思った、一番の決め手でした。

3,実際プレミアム英会話をやってみてよかったこと、伸びた事

この、「プレミア英会話」を数か月やって、「とにかく英語を口に出す」ということを学びました。

私がやっていたカランメソッドコースでは、とにかく生徒にしゃべらせます。
講師よりも生徒のほうが英語を口にする割合が多いのでは?と思うほどです。

カランメソッドを簡単に説明すると、、、、

まず講師が、Is this a pen? みたいな質問をしてきます。(文は例えです)

質問されたらすぐに、その答えを言わなければいけません。
もしそれが、ペンだとしても、yes だけではいけません。

Yes, it’s a pen. と、フルセンテンスで答えないといけないのです。
No ならさらに長い答えになります。

No, it isn’t a pen. It’s a book. といった感じで。

まだ最初のうちはいいのですが、だんだんレベルが上がるにつれて、質問の内容も難しくなり、文も長くなるので、もう、私にとって、大変で大変で。。。

しかも、カランメソッドはスピードが要求されるので、考えている暇はありません。

先生が質問を言った後、生徒は即座に答えを言い始めなければいけないんです。
もちろん、言葉につまったら、先生が優しくフォローしてくださるので、心配いりませんよ。

こういったやり取りを続けること約30分、レッスンが終わるともうグッタリ。
それだけ、集中力を要求されるんです。

疲れるということは、この30分はとても集中して、必死で英語と聞き取ろうとしているということ。
ですので、リスニング力は、これを始める前よりも上がったと思います。

英語を一字一句聞き逃さずに聞き取ろうとするということは、こんなにも体力を使うものなんですね。

「聞くだけでペラペラに」とか、「ある日突然英語が聞き取れる」などといったCDやDVDがよくありますが、英語はそんなに簡単に上達していくもんじゃない、ということが、このプレミア英会話のカランメソッドコースを受講してよくわかりました。

「ある日突然」願望があった私ですが、やはり努力しないと結果はついてこないということがわかったのも、私にとっていい収穫でした。

何度も何度も繰り返して、少しずつ、少しずつ、英語って上達していくんだろうな、ということを気づかせてくれたレッスンでした。

4,オンライン英会話をうまく行うコツはなにかありますか?

オンライン英会話をうまく行うコツ。それはずばり!

「間違えを恐れず、たくさん英語を口にする」こと!!

オンライン英会話の多くは、マンツーマンでレッスンしていただけます。(もちろんグループレッスンもありますよ。)

先生と一対一で話すなんて、緊張する、と思う方はグループでもいいと思いますが、でもここはせっかくのチャンス!マンツーマンでレッスンを受けて、先生を独り占めしましょう!

4人の生徒とレッスン受けるのと、1人で受けるの、単純に考えたら英語を口に出せる頻度は4倍ですよ!!

生徒は自分しかいないんだから、失敗を気にせず、どんどん間違えて、わからなかったらどんどん質問しましょう。

オンライン英会話は、英語をたくさんしゃべれる絶好のチャンス!

言いたいことをどう表現したらいいかわからなくったって、とにかく何か単語を発するんです。
単語もわからなかったら、ジェスチャー交じりでもいいんです。

その熱意があれば先生は、ちゃんと理解してくれて、そういうときにはこう言うんだよ、と教えてくれるはずです。

でも、なるほどね、、、、とそこで終わってしまったらもったいない!
ちゃんとノートに書き留めてしっかり復習することも大切だと思います。

そして、実際に次回のレッスンで覚えた表現を使ってみる!これとっても大事!
復習するかしないかで、上達度も大きく変わってくるのは間違いないです!

リスニング力は、ニュースや映画の副音声を聞いたり、TOEICなどのリスニング対策の本などで、ある程度は独学で勉強できると思いますが、会話だけは一人では上達しません。

独り言を英語にすればいいじゃないか!と思われる方もいるかもしれませんが、間違えを指摘してくれる人がいないですよね。

やはり、会話力だけは、実際に話してみないと、身に付きません。

だから、家にいながら英会話の練習ができるオンライン英会話は本当にすばらしいシステムだと思います!

5,他に興味のあるオンライン英会話はありますか?

今、とっても気になっているオンライン英会話があります。

「ピクト」というオンライン英会話の、グローバルイングリッシュコースです。

前にも書きましたが、英会話力向上のためには、とにかく英語を口に出すことが大事です。
でも恥ずかしがり屋の日本人。

先生の質問に短い返答で終わらせたり、わからなくてもとりあえず相づちで、わかったふり。

私もよくやります(笑)

そこでこの、グローバルイングリッシュコース。
説明によると、このコースは「80:20の法則」というものを使っているとのこと。
レッスン中に、英語を話す割合が、生徒8割、講師2割という意味らしいです。

こんな割合のオンライン英会話、聞いたことない!!

私は、オンライン英会話ではなく、普通の教室にも通いましたが、主に生徒がしゃべるレッスンは受けたことがありません。

これだけ話す機会を与えていただけたら、いい訓練になりますよね!

実際にレッスンを受けたことないので何とも言えませんが、ちょっと興味があります。
いつか体験レッスンを受けてみようかな。

もう一つ、バイリンガル講師がいるオンライン英会話も気になります。

私もそうですが、皆さんも、「こんなときはどう言えばいいんだろう?」と、もどかしい思いをしたことが多々あるはずです。

そんなときにバイリンガルの先生だと、こちらの言いたいことをはっきり理解してくれ、適切なアドバイスをくれるはずです。

ただ、バイリンガルだからといって、英語と日本語が混ざった文章でしゃべってしまったり、特に初心者のうちは、ほとんどが日本語になってしまわないように、注意が必要かもしれません。

あくまで、どうしてもわからない時だけに、日本語で助けてもらうように心に決めておけば、いいレッスンができそうですね!

以上で佐藤さんの体験談は終わりです。
佐藤さん、ありがとうございました!


カテゴリーのトップはこちらをクリック
>>オンライン英会話体験談<<