DMM英会話スクールを受けた会社員KEERyさんの体験談

俺のオンライン英会話

0,基本事項

名前:KEERy
年齢:40歳代
職業:会社員
学習期間:2か月間

1,オンライン英会話をやろうと思ったきっかけ

自宅にいながら英会話の勉強ができると思ったからです。
会話は筋トレと同じで、定期的に続けていないと、会話のコツや、スムーズな話し方を忘れてしまいます。
だから、オンライン英会話のようなシステムを知らなかった時は、自宅でテキストを音読したり、CDを聴いたり、独学で勉強をしていました。

それを何年も続けていると、時には良いテキストを探せなかったり、1人で勉強することに飽きてくる時もあります。
そんな時は添削付きの通信教育を自分で期間を指定して利用していたこともありました。

でも、やはり1人ではどうしても甘えが出てしまいます。
「今日は忙しいからしなくてもいい。明日にしよう」とつい後のばしにしてしまって、3日坊主とまではいかなくても途中で断念してしまって、1冊のテキストを最後まで終了できない時期もありました。

自分で音読して、自分の耳に聞かせても、リスニングのトレーニングにはなるかもしれませんが、会話のトレーニングになんかなりません。

話すトレーニングをするなら、相手は必要不可欠だということは、今ならわかります。
でも、英語で話す相手を探す方法を知らない時は、1人で勉強するしかありませんでした。

もちろん、本当は、英語で話すトレーニングをするために、教室に週に1回でもいいから通って、実際にネイティブと会話をしたいところですが、そんな時間は、仕事や家事をするなかでなかなか取れなかったのです。

そんな勉強を続けている中で、自分の今のレベルが分からず、勉強を続ける意味が分からなくなるときもあり、しばらく英語の勉強から遠ざかっていたことさえありました。
それでも、英語に対する勉強意欲は全くなくなることはなかったのです。
なにかいいものはないかと、いつも探していました。

そんなときにオンライン英会話のことを知りました。

家にいながら、ネイティブを相手に英会話ができると知った時には、あまりにも便利なシステムにびっくりしてしまいました。

また、金額の安さにも驚きました。
以前、私が通っていたスクールでは、ネイティブとの30分間のプライベートレッスンは3,000円以上していました。
グループでのレッスンも、週に1回、月4回のクラスで、1万円弱くらいかかっていました。

それがオンライン英会話スクールなら1回のレッスンあたり、たった数百円です。

もちろん、全部のスクールで講師はネイティブってわけでもないようだし、広告でいうほど、講師のレベルは高くないのかもしれません。
ほとんどのスクールでフィリピン人を講師にしていることはちょっと気になりました。

それでも、この金額で、定期的に英会話のレッスンを受けることができることは大きなメリットです。

無料体験レッスンを試した後は、すぐに申し込みを決めました。

2,そのオンライン英会話スクールに決めた理由

複数のオンライン会話の会社をホームページで比較して、その中で、1社だけ、無料体験レッスンを受けました。
無料体験レッスンを受ける時間があまりなかったからです。
今思えば、もう少し、無料体験レッスンを受けてから決めればよかったと思います。

試してみようと思ったオンライン英会話を選んだポイントは、金額でした。

英会話を勉強するのだから、本当は、講師のレベルや出身国が一番重要なんだとは思います。
でも、ホームページで講師の紹介をいろいろ見て感じたのが、スクールの中でも、講師のレベルは実に様々だということです。
自分の時間が優先になるので、毎回同じ講師が担当してくれるとは限りません。

それに、すべてのスクールが『講師の採用基準は非常に厳しく、ハイレベルな講師が勢ぞろい』と書いていますが、だからと言ってスクールのすべての講師が素晴らしく優秀とは思えません。

優秀や講師が本当にいたとしても、数少ないのだから、毎回予約が取れるとは思えませんでした。
だから、実際にレッスンを受け始めても、その日よって、講師の当たり外れはあると思っていました。

それに、講師との相性もありますし、厳しいと言っているスクールの採用基準が、私とスクールの採用担当者でも違うと思います。
なので、まず、受講を開始する際は、講師のレベルではなくて、1ヶ月あたりで、金額が安いスクールに決めました。

そうです。
1クラスあたりの最低金額が安いスクールではなくて、1ヶ月単位で安いスクールです。
というのが、広告に、1クラス○○円~と、コンビニでコーヒーが買えるくらいの、びっくりするくらい安い金額が表示されていることがあります。
が、よくよく見ると、その金額は1ヶ月間毎日受講する場合だったりします。

英会話ですから、毎日話して、英語に触れるのがいいのは分かっています。
実際に体験談を見ると、毎日受けている受講生もいたようです。
でも私には、毎日受講することは現実的に不可能です。

それに、英会話だって、英語の勉強の一種です。予習があって、本番があって、復習がある。
限られた費用の中で、復習に取れる時間もないまま、レッスンを受けるつもりはありませんでした。

それから、英会話はアウトプットです。日本語でもアウトプットを繰り返していると、話すことがなくなるように、毎日毎日おしゃべりを続けていたら自分の中で話したいことがなくなることもあります。

だから、1人で勉強する時間、会話をする時間の2種類の時間があっていいわけです。

最終的に、講師のレベルではなくて、自分が受講できる時間と日数を計算して、一番経済的なスクールに私は決めました。

3,実際やってみてよかったこと、伸びた事

まず、マンツーマンなので、周りの人のことを気にしないで、自由な内容で会話ができたことが一番良かったです。

グループレッスンだと人数が多いので、他の人が答えて、自分でもなんとなくわかったような気がして流してしまうことがありましたが、マンツーマンだと逃げるわけにはいきません。

私が受けたレッスンでは、テキストに入る前の数分間、自由に会話を行うのですが、自分の言葉で話す機会というのは、実は日本語でもあまりありませんでした。
まして相手は、毎回変わる講師で、自分のことも全く知らない人です。

最初は本当に緊張しました。
その頃は、まず、日本語で最初に考えて頭の中で英語に直していたので、時間がかかってしまって、会話というよりも、面接のようなぎくしゃくとした雰囲気になるときもありました。
たった数分間ですが、とても長い時間に感じました。

徐々に話したいことや、他国の人の考え方を知りたいと思うことが増えていって、次回のレッスンのときに話す内容を、レッスン以外の時間でも考るようになり、生活の中で英語で考える時間が増えていきました。

それから、毎回講師が違うのいうのも、意外と利点がありました。

講師ごとに、発音やイントネーションに癖があり、男性や女性など、いろんな人の発音を聴くことができました。
これは、実際に教室に通って受講するレッスンと比べて格段に優れたところです。

英会話学校によっては、ネイティブの先生は数名しか配置してません。
だから、全員の先生と会話したとしても、オンライン英会話の講師の数にはとてもかないません。

また1人でリスニングの勉強をするときは、ニュースキャスターのような、発音が明確な音を聞くことが多かったです。

だから、発音の訓練を受けていない一般の人と話すことは、実生活で外国人と話すのに、とても有利だと感じました。

4,オンライン英会話をうまく行うコツはなにかありますか?

事前準備と質の良い講師選びに尽きるでしょう。

できるだけ、密度の濃いレッスンにするためには、講師任せではなく、自分自身でも努力することが大切です。

オンライン英会話に限ったことではありませんが、事前にレッスンの準備をすることは不可欠です。前回のレッスンでの失敗や、言えなかったフレーズの復習、今回のレッスンで話したいことを考えることで、より密度の濃いレッスンになると思います。

それから、自分だけのためにレッスンをしてくれているのだから、どんどん話すべきだと思います。

私と相手の2人しか聞いていないのですから、多少間違ったことも言っても大丈夫です。間違えると講師が直してくれるくらいの気持ちでぶつかって行くといいと思います。

実際、オンライン英会話の最大のメリットは、今まで英会話学校に通っていたより、ずっと長い時間、英語をしゃべる時間を得ることができるということです。

英会話学校では30分3,000円ですから、月に4回行っただけでも12,000円もかかります。

1万円もあれば、オンライン英会話であれば、毎日受講することだって可能です。
毎日毎日、歯みがきをするように、英語をアウトプットする時間を作ることができます。

2番目のオンライン英会話をうまく行うコツは、質の高い講師の予約を取ること。

単純に高学歴で、レベルの高い講師は人気があるし、なかなか予約を取ることができません。
そこで、本当に教える技術のある講師ではなくて、多少技術は劣っていても、自分と相性の良い講師を選ぶ方が有利です。

ただ、こればかりは、自分で実際にレッスンを受けて探していくしかありません。

自分と相性の良い講師を探すコツは、美容室で相性の良いスタイリストを探すのと似ているかもしれません。
カットの技術だけではく、自分の好みを分かってくれる人が相性の良いスタイリストです。

スタイリストを選ぶとき、1回カットしてもらって、気に入らないから次回は担当してもらわないという方法では、いつまでたってもお気に入りのスタイリストに出会うことはご存知ですか。

これと同じようは、オンライン英会話でも毎回違う講師のレッスンを受けていては、講師との本当の相性の良さを確認することはできないのです。
最低でも2回。
2回は受けてみて、講師との相性を確認してみましょう。

最後に、オンライン英会話をうまく行うためにもう1つ大切なことがあります。
それは、運営している会社側と意思疎通をスムーズにしておくことです。

レッスンの時間は短いし、貴重なので、予約の方法や講師についての疑問点は、早めに運営会社に問い合わせを行って、不安のないようにしておくことです。

実際に、私が受講した時にもトラブルが発生しました。
レッスンの時間になっても講師の画面とつながらないのです。

急いでスクール側に電話をしましたが、スクール側にもつながりにくく、その時は、たった数十分のレッスンがほとんどできなくて、1回分のレッスンを無駄にしたことがあります。

めんどくさいと思わずに、まめにスクールの回線状態などを確認することで、確実にレッスンを受けることができると感じました。

5,他のオンライン英会話サービスを使ったことがあれば、教えてください。

今のところ、他のオンライン英会話のサービスは利用していません。
しかし、私が受講していたときよりも、またスクールが増えて、それぞれのスクールのサービスも多彩になってきていると感じています。

魅力的だと思ったのが、朝の6時からのレッスンを受けらえるというスクールです。

夜の10時まで受けることができるのも確かに魅力的ですが、朝なら確実に家にいます。
寝坊さえしなければ、絶対にレッスンを受けることができます。

また、朝は頭が冴えているし、前向きな考え方ができるので、講師との会話も弾む気がします。

ただ、朝6時までにちゃんと着替えて、化粧をすることができるかということが少し心配ですが。

他にも、メソッドが確立したオンライン英会話がいくつかありました。
その中で、私が注目したのは「カランメソッド」と呼ばれる指導法です。

私がこの指導法で特に魅力を感じたのが、「講師の質問に、フルセンテンスで答えていく」というところです。

実際の会話では、特にフルセンテンスで答えなくても、十分に意味は通じます。
場合によっては文法なんか少々間違っていても通じるのです。

でも、「カランメソッド」では、講師が素早いスピードで読み上げる質問に対して、生徒は文法的に正しい答えを返す。
これは、英語に対する反射力を鍛える訓練のようです。
なかなか、1人でこの訓練をすることはできませんし、単価の高い英会話学校でこの訓練を行うのはもったいない。

非常にオンライン英会話に適したメソッドだと感じました。

いずれ機会があれば、無料体験レッスンを受けてみたいと思います。

あと、よく独自のテキストを使用と書かれていますが、あれば、運営会社側がテキストを購入するより、自分たちで開発した方が、結果的に安く上がるからです。

その独自テキストのレベルも実際に受けてみないと分からないところがあります。
そのため、独自テキストを利用しているスクールはあまり好きではありません。

自分が受講するのに一番適した時間と、内容と、金額。
このバランスが取れるスクールがあれば、またオンライン英会話を受講してみたいと思っています。

↓DMM英会話公式サイトはこちら↓