レアジョブを8ヶ月間受講した大学院生の体験談

俺のオンライン英会話|30社300時間以上受けてわかった成功するスカイプ英会話の秘訣

0 , 基本事項

名前:たかはし
年齢:20代
職業:大学院生
学習期間:8ヶ月

1,オンライン英会話をやろうと思ったきっかけ

オンライン英会話を始めようと思った時の私の英語力は、日常会話が軽く話せる程度のものでした。相手の言っていることは聞き取れるけれど、自分からなかなか言葉に出すことが出来ない・・・。海外の友人と英語で話をする度に、日常生活においてあまり英語を話す機会がなく、英語を話すという経験が圧倒的に不足しているということを感じていました。

そこで、英語を使う回数を増やし、体感的に英語に慣れるために英会話学校を探し始めようと決意したのです。

 しかし、大学での研究とアシスタントの仕事が定期的なものではないため、毎週決まった日に英会話スクールに通うということは困難だろう、という不安がありました。通ったとしても休んでしまったらもったいない、と思ってしまいなかなかスクース探しも出来ていませんでした。また、大金を払うことや交通費のことも考えると、あまり現実的ではありませんでした・・

 そんな時に、たまたまサイトの広告で出ていたインターネット上でのオンライン英会話の存在を知りました。調べていくうちに、オンラインだと毎日少しずつ、自分のスケジュールに合わせてレッスン出来るし、家などでパソコンさえあればいいので通学よりも負担がかなり軽くなります。料金もかなり安い印象でした。
 その、負担の少なさと、長続きするような環境として、オンライン英会話を始めようと決めました。

2,そのオンライン英会話スクールに決めた理由

 私がレアジョブでオンライン英会話をやろうと決めた理由は、「毎日短時間の練習が出来る」「金額の安さ」、そして「始めやすさ」でした。つまり、気軽に毎日の英会話の環境を作られウということです。

 まず、レアジョブを始める時に、特に複雑な手続きなどはありませんでした。オンラインで申し込みをして、Skypeをパソコンへダウンロードするだけなので、初期費用やめんどうな設定などはいっさいかかりません。また、テキストなども基本的にはオンライン上にあるため、買ってくるなどという必要もありませんでした。
 始める前に無料体験があったので、その際の手順の簡単さと、負担のなさに良い印象を持ち、そのまま申し込みをしました。

 私が主に使っているテキストは、レアジョブ独自のテキストで、ニュースや文化、流行などがメインのものであるため、その時のニュースを英語で勉強出来るという点も、はじめるきっかけとなった大きな点だったと思っています。

 また、レアジョブは、一日で何時間も練習するというよりは、毎日25分か50分という短時間で一つのテキストを読みながら質疑応答といった会話をするので、そこまで負担なく毎日続けられることが出来ます。レッスンの始めにテキストを指定されるので、特に事前に予習する必要もなく、レッスンの間にテキストの予習と復習までが出来るような印象です。
 そのため、忙しい毎日だったとしても、30分や1時間くらいの空き時間はあるので、その間にレッスンを入れるということが可能です。また、1レッスンが100円代というもの、安いですし、月々負担なく払うことが出来ると思いました。
 あとは、先生が多く在籍しており、先生のプロフィールの充実と検索のしやすさ、予約が取りやすいということも決めてであったと思います。

3,実際やってみてよかったこと、伸びた事

 実際にレアジョブで英会話をやってみて、一番変化したことは、英語を話すことへの躊躇のなさです。さすがに、嫌でも「毎日30分」と決めて英語を話すようにしていると、自然と英語を話す習慣が出来ます。また、毎日ニュースなどのテキストを読み、その中の単語の確認をするので、語彙数も上がったと思っています。ちなみに、単語の確認の際には、どのような文章で使うのか、ということも確認していくので、意味だけでなく活用方法も一緒に学ぶことが出来ます。

 さらに、まだまだ簡単ではありますが、自分が考えていることを相手に伝えることが出来るようになってきたと思っています。毎日同じ先生にレッスンをしてもらうことは、スケジュールの関係上なかなか出来ず、3~4人の先生と一緒に練習をしてきましたが、毎回レッスンの前には「今日は何があったのか」「天気はどうか」「レッスンの後はどんな予定があるのか」といった簡単な会話をするので、親しい人だけでなく、始めて会った人とも気軽にはなせるような英語の会話力がきたえられました。つまり、立ち話的な会話は身につけられます。

 また、テキストを全て読み終わった後には、必ずそのテキストの要約と自分の考えを述べなければいけません。読んだ内容はしっかり理解出来ているのか、それを英語として伝えることが出来るのか、というのは英会話にはとても重要な要素であると思います。同時に、自分の考えを英語で述べるということは、最初は難しく、だまってしまい、先生に手伝ってもらうことも多くありましたが、慣れてくると、短文だったとしても自分の言葉で述べることが出来るようになりました。

 総合的に見ると、英語への慣れと、会話力の向上、そして英語の力を維持するのにとてもいいのではないかと思っています。レアジョブを始めてから、外国人の人と英語で会話する機会があっても、躊躇することがなくなり、例えその英語が拙かったとしても、「話す」ということが自然に出来るようになったと思っています。

4,オンライン英会話をうまく行うコツはなにかありますか?

 コツといえるかわかりませんが、重要なのは「嫌でも続ける」ということだと思います。安いことや、短時間であるということは、逆に言えば、レッスンを休んだとしても、それほど金銭的に負担になることはありません。また、通うレッスンであれば休むと相手の先生にも気を使ってしまいますが、オンラインだとそうゆう気の使い方がなくなります。つまり、休むことが簡単なのです。

 しかし、こうゆうことに甘えてしまうと、休みがちになってしまう危険性があります・・・
実際、私もしばらく忙しい日々が続いた時は、「一回や二回休んだところで、あまりもったいなくはない・・・」と思ってしまい、数日休んでしまったことがありました。
 そうすると、その後続けるのが少し億劫になってしまったり、「休んでもいいや〜」とレッスンを軽くみてしまったりしました。やっぱり、それだと毎日の英語の環境を作る、という目標からは遠ざかってしまします。なので、オンラインだからこそ、自分の目標をしっかりかかげて、気軽だけれど、「続ける」ということが重要だと思います。

 また、その持続のために、予習や復習にそこまで重きを置かなくてもいいのではないかと考えています。普通なら、予習・復習こそが重要だと考えるかと思いますが、私はとりあえず英語を話す機会が重要だと思っています。
 前回の復習が出来ていなくて、レッスンが疎かになってしまうよりは、毎回のレッスンを大切して、そのレッスンこそが復習であるといスタンスで続けた方が持続しやすいです。また、そうすることで、机上の勉強だけではなく、自分の体験として英語が身体に入ってくると思います。レッスンで失敗したことは、忘れません。
 もちろん、予習・復習が出来るのなら、それが一番ですが、そこまで気難しくやらずに、気軽に続けることがいいかと思います。

5,他のオンライン英会話サービスを使ったことがあれば、教えてください。

 レアジョブの無料体験をする前に、「ECCウェブスクール」の無料体験をしようとしましたが、ECCではWindowsのみの対応で、私の使用しているパソコンがMacだったので体験することが出来なかったことがありました。Skypeなどが対応していないオンライン英会話もあったので、そのあたりの設備について調べるのは重要かと思います。

 また、英語はまだ未体験ですが、「Ecom」というサイトで英会話レッスンを始めようかと考えています。このサイトは、多言語に対応しており、Skypeとサイト独自の映像画面を見ながらのレッスンになります。ドイツ語の勉強をするために、一時期このサイトを使っていましたが、語学スクールに通うような質の高いレッスンで驚きました。どの先生の質も高く、授業も30分から、1時間や2時間、3時間と長時間でまとまったレッスンも選択することも出来ます。連絡をくれるサイトの担当者も大変親切で、とても良い印象がります。
 しかし、レアジョブよりはかなり高額であるという点では持続するのは難しいかと思います。金額でいうと、語学スクールに通うのより少し安いくらいでしょう。
 レアジョブは先生の質にばらつきがあるので、日常英会話の向上と維持程度、また英語を話す機会として考え、もしもっと高度な英会話が必要な場合はこのサイトでレッスンをするのが良いのではないかと考えています。