矢作さんがCM中のDMM英会話とレアジョブを比較

俺のオンライン英会話

英語がペラペラな人にはあこがれるものですね。英語には興味があるけれど、独学ではちょっと…。でもしゃべれるようになりたい!そんな学習意欲のある社会人に人気なのが、オンラインで受けられる英会話レッスンです。

ところで、矢作さんがCMをやっているオンライン英会話「DMM」と、大手オンライン英会話「レアジョブ」は、どちらがいいのでしょうか。決めるのに悩みますね。ここではそれぞれの特徴と違いについて見てみましょう。

DMMの特徴
レッスンが受けられる時間帯・・・6時~26時
講師数・・・1500人以上
レッスン時間・・・1回25分
月額・・・1日1回コース3950円

レアジョブの特徴
レッスンが受けられる時間帯・・・6時~25時
講師数・・・3800人以上
レッスン時間・・・1回25分(50分・100分もあり)
月額・・・1日1回コース5800円

・・・と、こうして見ると、大きく違うのは講師の人数、そして価格ですね。安さを重視したいならDMM、講師の豊富さを重視したいならレアジョブ、といったところでしょうか。

また講師に関しては、レアジョブはフィリピン人なのに対してDMMは60か国と多国籍。これはDMMが人気の理由にもなっています。ただし、フィリピン人の英語は訛りがある、と思っている人が多いですが、雇われている講師はフィリピン大卒が多いですし、その中から更に厳選されているため発音に問題はないので大丈夫ですよ。

DMM英会話は教育が徹底している、という感じ。というより、レッスン後に教師陣に良くないコメントが入ると運営側が確認を取るようです。そのため比較的しっかりと質の良い授業を受けられると好評。(ブックマークやコメントを見ればそれなりに良い講師とそうでない講師の見分けがつくでしょう。)

レアジョブはその点、どちらかと言えばラフな印象がありますね。講師数が多いからというのもありますが、良い講師は非常に良いのですが、そうでない講師はそれはそれで放置している感じがあります。
だから差が大きく、しかも回線速度も講師に依存します(DMM英会話以上に差がある印象。)

まじめにレッスンを受けたい人はDMM英会話、気軽な雰囲気を求めるならレアジョブがいいかもしれませんね。公式サイトを見ると、そのポップな雰囲気を垣間見ることができます。

↓DMM英会話公式サイトはこちら↓