オンライン英会話によるTOEIC対策の主たるメリットその1

俺のオンライン英会話|30社300時間以上受けてわかった成功するスカイプ英会話の秘訣

英会話スクールでは、TOEIC対策を行ってくれる所がいくつかあります。

TOEICとは、英語の資格の1つです。合格不合格の概念がなく、スコアのみで英語力を示すというテストになります。英語検定とは異なりますね。

そしてTOEICは、就職活動などと大きな関係があります。そのスコアが大きいと、就職活動が有利になる一面があるのです。このため就職活動のために、TOEICのスコアを伸ばしたいと考えている大学生の方々も多いのですが。英会話スクールでは、その資格対策を行ってくれる訳ですね。ところでオンライン英会話にも、TOEIC対策はあるのでしょうか。

あります。TOEICという試験はリスニングとリーディングの2分野になるのですが、その両方を強化する事を目指すオンライン英会話のコースもあります。

TOEICに特化したレッスンを受ける事ができますので、効率的に資格対策をする事ができるでしょう。現にそのTOEIC対策で、スコアを大きく伸ばした方もいらっしゃるそうです。

オンライン英会話によるTOEIC対策の主たるメリットその2

ところでオンライン英会話でそのTOEIC対策を受講するメリットはどのようなものがあるかというと、やはり場所を問わない点だと思います。

英会話スクールでTOEIC対策を受けるとなると、場所に対する制約が発生します。スクールまで足を運ばなければなりませんので、ちょっと通学が大変な一面がありますね。スクールによっては、駅から数十分歩く事もあります。

しかしオンライン英会話でしたら、通学は不要です。自宅で受講する事ができますので、英会話スクールよりも手間が少ないと言えるでしょう。

またオンライン英会話は、時間帯も関係ありません。スクールでのTOEIC対策となると、スクールがオープンしている時間でないと受講する事が不可能です。しかしオンラインの場合は深夜の時間帯でも受講はできますので、時間に関する制約もありませんね。

つまり場所と時間という2つの観点から、オンライン英会話によるTOEIC対策はスクールよりもメリットが大きいと思います。

ネイティブとフィリピン人講師の違い

英会話をするうえでまず第一に気になることは英語の発音でしょう。

講師の発音が良ければ英会話初心者でも比較的簡単に聞き取ることができるでしょうし、自分自身の発音も改善できるとかんがえることが多いでしょう。

私自身のネイティブとの会話経験(主にオーストラリア、イギリス人)から比較することにします。

オンライン英会話に限った話ではなく、日本人は英語教育課程においてきれいなアメリカ英語を聞く機会が多いためなまりに戸惑うことが多いです。

フィリピン人講師と聞いてネイティブではない以上その発音やなまりに不安を覚える方もは少なくないといえるでしょう。

しかしフィリピン人の英語は非英語圏ではもっとも西洋の英語の発音に近いと言われており、きれいな英語を話す講師の方が非常に多いというのが正直な印象です。

またネイティブ講師ではないため比較的話し方がゆっくりであるといったメリットもありますし、フィリピン人講師の質は思った以上に高いです。

気になる方は無料体験などで是非お確かめください。