TOEICで900点台を狙うにはどのようなリスニングの勉強法がありますか?

TOEICのリーディングとリスニングのうち、断然点数をアップしやすいと言われているのがリスニングパートの方です。
リスニング力を高めるためにはやはり耳を常に慣らしておく必要がありますが、TOEICならではの問題形式を理解して慣れることもかなり重要になります。
特に400点から600点を目指すなどの比較的初級のレベルでしたら、この傾向を理解しておくだけでも点数アップに大きくつながると言われていますよ。

さてそんな点数アップも目指すものが900点以上となったらどうでしょうか。
TOEICは990点が最高点ですから、いよいよ大詰めとなってきましたよね。
ここまでくるとある程度高いレベルの英語力が備わっているわけですから、さらなる点数アップを期待するにはやはりTOEICのコツをつかむことが大切です。
そのためには模擬試験や過去問題は欠かせません。
それに加えて自分が興味を持てる範囲内から教材を選ぶこと。
洋楽、映画、ニュースなどいろんな教材が見つかるはずです。
ただし気をつけるべきは選んだ教材のレベルが適しているかどうかということでしょう。
さっぱり何を言っているのかわからないような教材ではリスニング力は全くアップしません。
7~8割程度は理解できるものを選んで、残りの2~3割が新しい知識としてインプットされればそれでよいのです。

ちなみにTOEICは点数が上がれば上がるほど、勉強も行き詰ってくるものです。
そんなときにはプロに聞くのが一番で、例えばTRAアカデミーのようなTOEIC講座を実施しているところですでに990点に達した講師陣に直接指導してもらうのも非常に効率のよい方法かもしれません。
実はこのTOEIC短期集中合宿は僕も経験しているんです。
どういう経緯で講座を受けることになって、そしてその結果などを別サイトでまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。