ベストティーチャーとはどんなオンライン英会話スクールか?

まずベストティーチャーがどのようなオンライン英会話かをご説明すると、一言で言えば・・・

今までのスカイプを使った外国人との英会話+ライティング要素を取り入れたハイブリッド型のオンライン英会話です。

best-teacher_04
申込時はこちらをクリックします(無料お試しの場合でも)

ベストティーチャーの具体的な手順はこうです。

1,題材を決めてまずは、講師と双方で5回ずつのやり取りをする。
2,5回のやり取りが終わると、今までのやりとりの文章を修正され、同時にMP3で音声を貰える。
3,スカイプ英会話の予約をする。
3,先生とスカイプセッション後、評価をもらう。

この一連の流れになります。

それでは、一つ一つ追っていきます。

1,題材を決めてまずは、講師と双方で5回ずつのやり取りをする。

まずは僕のケースで見てみましょう。

best-teacher_02
登録をするとこのように、いくつかのトピックがありますので自分が最初にスタートさせやすい会話内容で始めます。

 

BestTeacher.111111jpg
会話を組み立てていきます。最初は難しい表現を使ったり、難しい単語を使ったり、長い文章を書くことは避けたほうが無難です。なぜならそれで止まってしまうと時間がもったいないから!

やり取りをしていくうちにより深い内容に進めます。

You don’t look well. Are you ok?(最初から与えられている文章)

I think I’m not….Yesterday, I ate a lot of oysters in the restaurant near my apartment. I guess that is the cause. Is it okay to cancel our meeting?(こちらが僕が作った最初の文章)

でもここまで書かずに最初は、I think I’m not….Yesterday, I ate a lot of oysters in the restaurant near my apartment.ぐらいで十分だと思います。

後は自然と向こうが質問を投げかけてくれるので、それで何回もやりとりしましょう。

相手の返信メールですが、早ければ30分、遅くても3時間前後で届きます。(運営側は最大6時間と言っているが実際は3時間以内で95%以上は届く。)

そのため、1日にやり取りを5回行うことは十分可能です。なので、あまり深く考えず回数をこなすことを優先させたほうが良いと思います。なぜなら後で詳しく書きますが、スカイプレッスンがセッション毎に1回だからです。

best-teacher_05
返事はこのようにメールアドレスにも通知されるので、届いたらすぐに分かります(設定で変更可能)

 

best-teacher-practice
英作文を作っている最中に必要な辞書は、最初からセットされているので調べやすい。かなり気が利いています。

 

2,5回のやり取りが終わると、今までのやりとりの文章を修正され、同時にMP3で音声を貰える。

best-teacher_03
このように5セットが終わると、添削してくれます。

 

best-teacher_12
そしてどうでしょうねー。大体半日ぐらいすれば訂正文章とMP3が届くんですね。

この訂正文章が非常に参考になります。あ~こんなミスしていたのかーっと。。。

MP3もダウンロードなあなただけのオリジナル教材です!!

これだけでも9,800円の価値があると思いませんか?(あ、今更ですがベストティーチャーの価格は9,800円です。)

3,スカイプ英会話の予約をする。

best-teacher_08
続いてスカイプの予約をしましょう!

基本的にはフィリピン人や東ヨーロッパなどの、まあはっきり言えば比較的低賃金で雇える人たちがメインです。6割ぐらいかな。しかしながら、ネイティブもいます。

ネイティブに関して言えば、以前教師をしていたという経験者も多く非常に頼りになり、実際授業展開もうまいです。ネイティブではありますが、基本的に使う英語はスピードをノーマルに落としてくれている先生が多いので聴きやすい。アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ・・・など主要箇所の先生がいます。

また、低賃金で雇える人たちもそれなりの仕事経験がある方、教育歴が長い方も多いので馬鹿にできませんよ。ちなみに、どのオンライン英会話でもそうですが、若い人よりも40代、50代の方がレベルが高いです。

ベストティーチャーは比較的30代以上の先生も多いので、勉強以外の目的で可愛い子見つけよう・・・とかは考えないほうが良いです、そんなにいないので(苦笑)

そういう目的も兼ねるなら講師数が多く、世界50カ国の方と話せるDMM英会話がオススメですよ。

4,先生とスカイプセッション後、評価をもらう。

最後に、スカイプセッション後に講師から評価をもらいます。

最初はPDFでもらい、2回めからこのような形でもらいます。

best-teacher-score
先生によって評価はまちまちです。ただ、★5つクラスの人が★3つになる事がないように、★3つクラスの人が★5つをゲットできることもマレですかね。

僕の実力は中上級といったところ。今のところ、★3つはあっても★2つ以下をもらったことはないです。

*1:メールでのやり取り5セッションが終わったら、すぐに他のメールのやり取りに移ることができる(スカイプセッションをしなくても)

*2:スカイプセッションは1日何回でも受講可能、ただし予約したスカイプが終わってから。そのため、平日はメールのやり取りに集中し、土日にスカイプ英会話をまとめて消化する方法もあります。

こういった効果が上がる。

一番はライティングスキルが上がります。

具体的には文章を作っていく過程で、ケアレスミスなどが分かるようになったり、文章を自分で作る事が少しずつできるようになります。文章を作ることが出来るようになれば、頭の中で考えることが出来るようになるので、自然と英会話でも応用が効くでしょう。

特にオススメなのは中級者以上の方(TOEIC500点ぐらいから800点ぐらいまで)でしょうか。そういう方は文章を作る練習をすることはとても有効的だと思いますよ。
僕みたいにすぐにレスポンスできるけど、英会話の文法がむちゃくちゃな人は特に良いかもしれません。

逆に難しい人

超初心者やスカイプレッスンを全くやったことが無い方は、ちょっと苦しいかもしれません。
そもそも、英作文って難しいです。

タイピングが出来なければいけないのはもちろんのこと、文法もきちんと理解していなければいけませんし、単語も全て辞書を使って引いているのは時間がかかってしょうがないです。(嫌になってしまう。)

だから、初心者の方はDMM英会話の初心者用のテキストを使って、英会話慣れ+基本文法の復習や英会話フレーズを習う所からスタートすることをオススメします。(そっちの方が楽しさを味わうことが出来るので、結果として長続きするでしょう。)

ちなみに僕はDMM英会話と同時並行してこのベストティーチャーを行っています。(2015年1月~2月までは)

スカイプ英会話は自分が間違えた所を復習するので、非常に効果的、効率的に授業が行えます。

まとめ

ベストティーチャーはDMM英会話と並んで、最もおすすめできる英会話スクールの一つ。どちらかというとちょっとインテリなやり方でしょうか。

・今までの英会話だとイマイチ効果が実感できない方
・より文法をしっかりと復習したい方
・ライティング力を付けたい方(ビジネスメールやチャット力等含む)
・TOEICSW、TOEFL、IELTSなどの資格で必要な方
・ネイティブと英会話を楽しみたい方(最速で1日1回25分出来る、本人のスピード次第だが。)
・自習をするのも好きな方(MP3や訂正文のおさらいなど、大学受験した人たちが楽しめるやり方でもあるから。)


ベストティーチャーの体験談

授業が良質なベストティーチャーを利用してみた

佐藤さん(仮名)

学生時代とは異なり、社会人になると勉強をするための時間を確保するのが難しくなります。仕事の中で英会話をする必要が生じても、なかなか英語を勉強できないものです。

そこで、オンライン英会話を利用して、自宅で勉強することにしました。さまざまなサイトの中からベストティーチャーの評判が良かったので、試してみました。

ベストティーチャーは、一般的なオンライン英会話とは大きく異なる特徴を持っています。

日頃から話している日本語を、英語に変えていくという発想を取り入れているのです。今までは、よく分からないまま英語を覚えていくスタイルだったので、この発想には驚きました。

馴染みのある日本語から英語に変えていこうとすると、スムーズに勉強することができます。ベストティーチャーには、熟練の講師が揃っていて、聞き取りやすい英語を話してくれます。また、予め自分で作った文章なのでトピックが分かりやすいのも要因だったと思います。

講師の言葉が聞き取れなくて、すぐにやめてしまった講座もあったので、この点はとても助かりました。

ベストティーチャーの基本は、自分で作った英語を話せるようにするということです。
自分で作った文章が話せるわけがない、と半信半疑のまま始めてみたのですが、一定の効果を感じることができました。

外国人と会話することになった際に、会話のキッカケとなる例文を覚えてしまうというやり方でもあります。

最初は何だかよく分かりませんでしたが、続けているうちに自分が使う文章がそれなりに固定化してきて、そうなった文章はストレスなく使えるようになってきました。
ベストティーチャーの流れに従って学習するのは、非常に効率的だと実感している今日このごろ。引き続き、続けたいと思います!


ベストティーチャーのサポート体制について

自分は中学から大学まで英語の授業を受けてきた普通の学生だったのですが、大学を卒業して、ふと「自分は約9年間英語を学んできたものの、英語を話すことが出来ない」と思い、本当に単純な動機ですがこれが英会話スクールに通ってみようと思ってみた理由です。

さっそく、英会話スクールについてインターネットで調べてみたところ、テレビCMや広告などで大きく宣伝されている某大手の英会話スクールが目に付きました。

自分は経験も知識もありませんでしたので、正直、大手の英会話スクールで構わないと思っていました。
しかし、自分を現在のベストティーチャーに導いてくれたのは「口コミ」でした。現役でベストティーチャーの講義を受けている人の生の声が聞けるので本当に参考になりましたし、実際に受講してみて大正解だったと思っています。

ベストティーチャーは、ひとつのテーマについて文章を書き、その文章を講師の人たちに添削してもらって、そのテーマについて「英会話」のみでレッスンを行っていくというものでした。

自分の担当をしてくれた講師の人からは、一回のレッスンにつき、350字以内(ぐらいだったと思いますが)の文章を複数回にわたって会話形式で書きます。これが結構疲れる!けれど自分でわからない単語を調べて苦戦しながらやるので身につきます。(ちなみに、ベストティーチャー内でWeblioという辞書を使えるのですが、そのWeblioのアカウントを取っておくと、調べた辞書を後で総復習できるので便利です。)

ベストティーチャーのホームページを見てみると、レッスン自体は統一されているらしく、講師の人によって大きな相違点はないと書いていますが、しかし実際受けてみたところ多少は誤差があったのが正直なところ。。。概ね良かったのは年配の方です。若い方も英語力は申し分ないです。ただ、授業の進め方は会話になってしまったりして、スムーズではないと感じる時もありました。

うまく使いこなすことが大切です。

努力が無駄にならない?ベストティーチャー

英会話を勉強するようになってから、もう何年もの年月が経っています。相当な努力をしたつもりですが、あまり実力がついたという実感は湧いていませんでした。

そこで、評判の良いベストティーチャーを利用してみたところ、「あ~なるほど!」っと、やり方が間違っていたことに気づきました。

ベストティーチャーでは、一般的な英語学習とは異なるアプローチを取っています。
基本的な例文を知り、普段会話で使っている日本語を英語にしていくことが基本です。
過去に使った教材、オンライン英会話では、やみくもに英語を覚えようとしていたものです。

ベストティーチャーでは、自分で英文を考えることが必要です。しっかりと考えた英文を、プロの講師に添削してもらうことでスキルを高めていきます。

講師から与えられた英語を読んだり話したりするだけでは、スキルは上がりません。ベストティーチャーの講師は本格的な力のあるプロ講師なので、信頼することができます。

また、私は日中はドメスティックな会社で社畜のように仕事をしています(苦笑)。

英会話の学習をしたくても、なかなか時間を作ることができませんでした。

その点、ベストティーチャーでは自分の自由な時間に勉強を進められるのが特徴です。平日は疲れてメッセージの返信しか出来なくても、土日に多くの時間を割くということが可能になります。

自分で考えることが大変なので、途中で投げ出したくなってしまうことも度々ありました。

しかし、講師が真剣に添削してくれて、分かりやすく指導してくれるので、意外と意欲は途切れません。
実力がついているのを自分で感じることができ、モチベーションが高まります。最初は特に大変ですが、今までとは全く異なるアプローチのため刺激的でオススメですよ!

おすすめのオンライン英会話はコレだ!!

1つ目:DMM英会話・・・低価格、多国籍、初心者向けテキスト豊富で、24時間対応!
>>DMM英会話公式サイトはこちら<<

2つ目:NativeCamp・・・英会話したいと思った瞬間から出来る!しかも無制限で!
>>ネイティブキャンプ公式サイトはこちら<<

コメントなし