石川遼君おすすめ!?スピードラーニング口コミ評判|4話の体験談をご紹介します。

俺のオンライン英会話|30社300時間以上受けてわかった成功するスカイプ英会話の秘訣

スピードランニングを聞きながら、掃除します。

スピードランニングの良いところは、いつでもどこでも遊びながら、歩きながら英語を聞くことができるので、頭に記憶するだけなので、覚えやすいです。

普通教材は、参考書の厚いのが届いて、終わりになります。本当苦手です。

これは、毎月届いて、好きな時間に勉強できて、イメージを使って考えるので、自然に日本語を英語に英語を日本語に頭の中で翻訳するので、とても楽に英語を覚えられます。

速すぎるテンポも徐々に慣れていきます。

私は初めはついていくのが大変で、発音を気にしすぎて、なかなか英語がしゃべれませんでした。
でも、音楽のテンポのように覚えれば、体が自然に覚えてくれ、体を動かすと、そのフレーズを忘れないと思います。

動きながら、スピードランニングを聴くことは理にかなっています。

歩きながら、掃除しながら、時間が空いたら聴く。楽しみながら覚える。楽しいから続くのだと思います。
聴くだけで、なんとなく、アメリカにいるような感覚になります。

ストーリーも具体的で、会話力だけではなく、コミュニケーションの取り方もうまくなります。
いつも外国人の方と話しする時は、緊張して逃げてしまうのですが、スピードランニングを勉強したため、逃げることなく、コミュニケーションをとってます。

色々相談したいことがある場合は、外国人講師の先生に相談すれば、解決すること間違えなしです。そこが、ただの教材と違うところです。

英語が話せれば、世界が変わり、よりよい豊かな人生になること間違いなしです。
スピードランニングを選んで本当に良かったです。

英会話教材スピードラーニングをやってみて。

今流行ってる、英会話教材スピードラーニングの、無料お試しを注文して実際に使ってみた時の話なんですが。
確かに、初心者の私にはとてもわかりやすかったです。

テレビのコマーシャルで見るように、日本語と英語が交互に流れるので、意味が理解しやすかったし、今までやっていた英語の勉強をするよりとっても楽しかった。

今までの英会話教材では、誰がこんな言い方するの?的な内容ばかり、発音も良くわからない。

など、途中で断念しかねない理由がたくさんあったため、いつも英会話教材はタンスの肥やしみたいな物になり、しかも三日坊主になるばかりでした。

それに比べるとスピードラーニングは、映画を見てる?映画を聞いているって、感じになりました。

その時の英語の使い方のシチュエーションが想像出来て、より実践的感じになりました。
ちゃんとした英会話教室に通って、ネイティヴの先生方と会話をしてい様な気分になれました。

確かに続けていけば、少しは英語が理解出来てきそうな気がします。

でも、マイナスはテレビコマーシャルで見る様な、今では会話が聞き取れる!って言うけど、そんな簡単じゃないし、費用もかかります。

コマーシャルは大げさに作る事は分かっていますが、全体にスピードラーニングだけで、あんな風に発音キレイに話せるには、他にも何かしているからだ!ってコマーシャルでやってほいし。

やっぱり、そんな簡単には英語習得出来ないものなんだなぁ~。って無料お試しで逆に分からされました。

聞くだけで英語が話せるスピードラーニングについて

自分はスピードラーニングを薦められたのでやっていました。はじめに結論から言うと、すぐやめてしまい今はやっていません。

そうなってしまったのには理由がありました。まず最初やってみた感じで言うと、日常的な短文の英語が流れ、その後に日本語が流れるという簡単な内容でした。なので決して難しいと感じることはありませんでした。

むしろこんな簡単なことで本当に英語が話せるのかと半信半疑でした。また英語の短文は単語も聞き取れたり、またその意味も分かったり、分からなくてもその後に日本語で訳してくれて意味を教えてくれるので、その場で理解できるといった感じでした。

しかし何ヶ月も聞き流していても全く英語を話せるようにならないし、スピードラーニングを始める前と始めた後では特に何も変わった様子はありませんでした。

なので、スピードラーニングは最初はお試しで無料なのですが、だんだんお金がかかってくるのでここで何も変わらないようなので断念してスピードラーニングをやめてしまいました。

この時はまだ自分が英語を話せなかった理由は分からなく、自分には向いていなかったんだなと思うしかありませんでした。しかし、最近分かったことがあります。

ここからは自分の憶測なのですが、スピードラーニングで成功している人は英語に全く触れたことのない人が大半だと思います。自分のようなある程度英語の知識がある人は、あの単語はどうゆう意味なのだろう?

と考えているうちに次の単語にいったりするので、聞き流すというよりは考えているという行為の方が多かったので、そのことが原因だったのかなと思いました。

なので本当に聞き流すだけならそのうち話せるのかなとも思いました。

スピードラーニングを試してみました

聞くだけで英語が喋れるようになるというスピードラーニングを試してみました。あの石川遼くんが試して大成功しているようなので、かなり期待に胸を膨らませて申込みしました。

早速届いて初めてCDを聞くとき、あぁこれからわたしは英語が喋れるようになるんだ!と思ってワクワクしていました。いざ、流れてくるのはゆっくりとしたホテルでの会話。どうやらビジネスマンが電話でホテルの予約をとって、その後チェックインしているようです。

そんな一連の会話が英語と日本語交互に流れます。確かに日本語があるからなにを喋っているか分かるし、何度も聴いて覚えられたら英語と繋がっていくのかも。CDを一枚ひと通り聴いてみました。

しかし、ここで落とし穴があったのです。何度も聴くうちに耳が慣れるというよりも興味が薄まっていき、そのうちBGMのように聞こえているのに聴いていない状態になっていきました。

気がつくといつも同じ場面の会話をしており、あれ?いつの間に一周したのかな、という状態の繰り返し。ちなみに言い回しどころか英単語もなにも覚えていません。

それはわたしが聴くだけで本も見ず、分からない単語があっても調べなかったから。母国語の日本語だって、本や文章を読んで分からない言葉を調べたり教わったりするからボキャブラリーが増えるのであって、なにも調べなければその言葉は使えないまま終わるはずです。

それと同じで、「聴くだけで英語が喋れるようになる」という謳い文句のスピードラーニングですが、やはり自分で勉強は必要でした。

>>スピードラーニングの無料お試しはこちらから