スピードラーニング利用経験について|スピードラーニングをみんなで使用

スピードラーニング利用経験について。

ラジオで告知されていたスピードラーニングの無料教材を取り寄せ、3ヶ月程度、継続的に利用させて頂きました。

その感想について、まず、テレビやラジオで告知されているように、教材を聴くだけで英語が出来るようになるというのは、元々半信半疑ではありましたが、いざ商品を試してみて、ずばり不可能だと思いました。

確かに、スピードラーニングは英語がまったくわからない白紙状態の顧客に対しても、わかりやすいようターゲット設定がされています。

しかし、広告されていたように、ディスクに収録されていた内容は、単に英語を流し続け、聞き続けるものではなく、同時に日本語訳も収録されています。これは本来の広告本位とは異なると思います。

広告との相違点を除外するならば、スピードラーニングは大変有効な教材だと思います。先ほど申し上げたように、ターゲット層が低く設定されていますので。

より効果を上げるには、スピードラーニングだけでは不十分であり、ディスク教材を毎日行い、それとは別に自主的に他の教材等を購入し、事後学習事前学習を継続的に行う必要があります。他との併用における補強ツールとしての有効性に特化していると考えます。

もともと、母国語以外をネイティヴレベルまで習得するには、集中的なインプット学習と、外人と実際の会話を行うなど、アウトプット学習が必要です。どちらにせよ、英語を習得するには、告知で言われているような簡単な方法はなく、効果を出すためには、スピードラーニング等を補強ツールとして活用する必要があります。

スピードラーニングをみんなで使用

数年前から、スピードラーニングの事はテレビCMで見て、知っていましたし、ゴルファーの石川遼さんが有名になり出した時にちょうどCMをされていて、未だにテレビCMも放映しているので、皆さんの中でも知名度は抜群の英会話教材だと思います。

実際、どの位の人がこの教材を使用したか、などの情報がアピールポイントにはならないからか、CMを見ている限りわかりませんが、毎日教材のCDを聞き流すだけで、スラスラ英会話が出来る、聞き取れるようになる、というアピールがどの人が出ているCMでもとてもすごいですね。

そんな、歌い文句に乗せられて、務めていた歯科医院の院長が興味をもち、スタッフみんなで英会話出来るように頑張ろうといいだし、教材を取り寄せて、朝晩の準備の時間は、歯科医院にスピードラーニングが、流れ出しました。

ちょうど、中国人の患者さんが来られ、どうにも話しが通じなかった事があったので、まぁ、話せるようになれば言うこと無いけどね。っと、みんな冷ややかでした。スタッフには、送付のテキストは与えられず、CMて毎日英語と日本語が交互に流れるCDを聴き続けました。覚える間も無く、次々に新しい教材のCDがやってきました。

それでも、聴き続けると不思議なもんで、会話の内容を私を含め数人が覚え出したのは良かったのですが、英会話を覚えたのではなく、英語の次に流れてくる日本語をバッチリ覚えていました。

会話の内容も、独特で「その、青いドレスがいいと思うわ。」など、日本人の私たちには、突っ込み所満載な内容でした。

やはり、日本語に慣れている耳には日本語しか入ってこないんだな。っと、思いました。ちなみに、テキストを持っている院長を含め誰1人ためになったという人がおらず残念でした