TOEICの点数アップで英語力アップ!TOEIC TEST英単語スピードマスターを主に使っていました。

【本当に英語力が伸びる!】オンライン英会話スクール徹底比較

“【質問事項】
0,基本事項
・お名前:ジャスティン
・年齢:20代後半
・初回受けた時の点数:430点
・最高点:900点
・主に使ったテキスト:TOEIC TEST英単語スピードマスター

1,なぜTOEICで高得点を狙おうと思ったのですか?
最初は学校で受験できる機会があったので、英検のように受けといたほうがいいかなと思って受験しました。
もともと英語には興味があり、いずれはアメリカの大学へ進学を希望していたので、実力を把握することとともに、進学に困らないように高得点を目指して勉強していけばよいと思いました。

また、就職する際にも英検ではなくてTOEICのほうが有効であるという本当かうそかわからない常識が当時にはありました。
どちらにしろ損はしないと思い、勉強をはじめました。

2,当初の計画ではいつぐらいまでに、何点ぐらい取る予定でしたか?
初めて受験したのは高校1年生のときのスコアは430点でした。
高校卒業時にスコアを600点台までには上げようと計画していました。

結局、大学は日本の大学に進学することになったのですが、英語英米文化学科の卒業生として恥じないように、大学を卒業するまでには満点もしくは少なくとも900点台には上げようと考えていました。

3,1週間のうち、いつ、どのタイミングでどのぐらい勉強をしていましたか?
通学していた高校はとても英語に力を入れている学校だったので、毎日英語の授業が1~2つはありました。
それだけでも十分基礎力はついていったと思いますが、TOEICの対策として、単語の勉強を週に2,3日1時間程度していました。

クラスメート3人と同じ参考書を購入し、自分達で交代で単語テストを作り、週に1回テストをしていました。
参考書の何ページから何ページまでと範囲を決めて、20問ほど英単語を日本語で答えるというテスト内容でした。
赤点をとると罰ゲームをするというルールを決めていたので、結構真剣にまた楽しく取り組んでいました。

4,最もやってて効果を実感した勉強方法を教えてください。
最も効果を実感した勉強法は2つあります。

1つ目は、単語の暗記です。
TOEICはペーパーテストですから、単語を聞くことより目で覚えておくとテストに有効です。
目で単語を確認し、意味を理解できるようにすればよいということです。
また、英語から日本語への意味さえ覚えていればテストのときは困らないので、
逆の日本語から英語への意味を覚える必要はまったくありません。

そこで、単語をひたすら書いて覚える作業をしました。
単語に特化した参考書に載っている単語をひたすら英語でノートに書きます。
書きながら英語で口ずさむパターンと、日本語で意味を口ずさむパターンの2種類練習します。

次に、英単語をノートに1つずつ書き、日本語で意味を口にだしていく自己流のテストをしました。
そうすれば、テスト本番でもパッと目に入った単語の意味を頭の中で口ずさむことができます。
テストで行う作業を日ごろから癖にしてしまえばよいのです。

2つ目は、文法の対策です。
文法の勉強法は、できるだけ多くの練習問題を解くことが重要だと思います。
もちろん、文法の知識を身につける勉強も必要ですが、
TOEICの場合、文法を知らなくても、この場合はこれが答えという癖があります。
その癖に気づけるように、数多くの問題を経験しておくことが大切となります。

5,あまり効果がなかったものはなんですか?
英語は勉強しただけ必ず力になってくれます。
特にTOEICのスコアには顕著に現れるので、
何でも英語の勉強をすれば、
効果がないものはあまりないようにおもいます。

6,TOEICのスコアを取った後、生活や心境の変化はありました?
TOEICのスコアを上げれば上げるほど、自信がつきました。
自分の努力が報われたような気がして、次はこの点数を絶対とってやるぞとやる気が沸いてきました。
最終的に900点のスコアを取ったときには、周りからも英語が出来る人と頼られるようになりました。
それまでは、学習している身という立場でしたが、900点を取ってからは、
英語の仕事にも着きやすかったですし、周囲から英語の仕事を頼まれることも多くありました。

7,今後は英語をどう活かして行きたいですか?
今現在、英会話講師として働いています。
やはり、900点という点数は学習中の方にとってはそうとう英語が出来る人という位置づけになると思います。
しっかり今の仕事にも活かすことができていると思います。
ですが、今後は満点を目指して学習していく予定です。
満点を取ってしまえば、満点までの壁を乗り越えた経験から、学習者の方にアドバイスができるようになるからです。
講師業としても教え方に幅がでると思います。

8,オンライン英会話に興味はありますか?その理由も教えて下さい。
オンライン英会話に興味はありません。
理由としては、レッスン会場への移動時間やレッスン代の節約になることはとても魅力的ですが、
英語を母国語としない相手との会話や、毎回違う相手で世代も自分より若い年齢の方との会話といっても
世間話でとまってしまって、込み入った話などがしにくいと思います。
手の届きにくいところの英会話の表現を学習するために英会話を習うと思うのですが、
オンライン英会話ではそれを経験することは難しいと思います。

9,最後にこれからTOEICを勉強する方へ、つまづかないためのアドバイスをお願いします。
TOEIC対策はまさに「継続は力なり」という言葉がぴったりです。
勉強した分だけ必ずスコアが伸び、サボった分必ずスコアは下がるので勉強にやりがいがありますよ。

コツコツ何かすることが苦手な人も、ここはわりきって1日に5分でも英語に触れる時間を作ってみてください。
TOEICの参考書を開くことをしなくても、
洋楽を1曲聴いて歌ってみたり、
海外ドラマを見るだけの日があってもいいと思います。
無理せず毎日英語に触れる生活を続けていくことが大切だと思います。

今はスマートフォンのアプリでクイズ形式やゲーム感覚で勉強するアプリもあります。
楽しむ工夫をしながら自分にあった取り組み方を探すことがポイントだと思います。
苦痛に感じながらやっていては、点数も伸びていきませんからね。

時には少しだけ休む勇気も必要です。
休んだ分頭の中で整理され、新しいことがすっと入っていくこともあります。

スコアをあげていく間には、必ず通る壁がいくつかあります。
壁にぶつかったときは焦らず、自分を信じて学習を続けてみてください。