TOEFL iBT70点への道のり!どうやって私がTOEFLで点数を取れるようになってきたのか。。。

私がTOEFL iBTの勉強を始めようと思ったのは、高校卒業後に英語の専門学校に通い始めたのがきっかけでした。

同じ英語の検定でもTOEICや英検がありますが、世界的に最も通用する英語資格がTOEFLだと聞き、検定の受験はTOEFLに絞って学習を始めました。私が英語の学習によく使っていた参考書はDUO3.0です。

この本は非常に多くの英文が収録されていて、英語という言語の流れを学ぶことができます。単語や文法を丸暗記するといった方法をとる方がいますが、それでは英語の本質を理解することができません。

DUOは、日常的かつ重要な英文が多数あり、これを毎日読むだけで総合的な英語力アップに繋がります。私はTOEFL本番1週間前までDUOで勉強し、最後の1週間を過去問に費やすといった形でTOEFLの点数を上げていきました。

過去問を重点的にやって傾向を掴むといったやり方もありますが、それでは総合的な英語力は養われません。

実用的かつ試験で高得点を狙える勉強の仕方をすることをお薦めします。さて、TOEFLで高得点を掴むためのコツについてですが、まずは過去問で自分なりの時間配分を設定しましょう。

一問目から1つずつ分かるまで考えるやり方だとどうしても最後の問題に辿り着く前に時間切れになってしまいます。

特に最後の方の問題は冷静に時間をかけて考えれば解けるといったものが多いため、前半の問題で時間を費やすのは非常にもったいないです。リスニングについては、日頃から海外のテレビやラジオを聞いて英語に慣れた耳を作りましょう。

また、分からない単語が出てきたかそれについて考えるのではなく分かる単語だけをしっかり聞き取り、全文の内容を総合的に予測するといった習慣をつけましょう。

ネイティブではない人が全ての単語を正確に聞き取ることは難しいです。リスニングでは取捨選択を割りきりましょう。実際に私はこのやり方でTORFL iBT70の壁を打ち破りました。