オンライン英会話である程度練習したら、「本物の」英会話に挑戦しよう!

オンライン英会話である程度練習したら、「本物の」英会話に挑戦しよう

最近ではネットの発達に伴って、オンライン英会話のサービスが急速に増え、主要な英語学習のツールの一つとなっています。英会話学校に通う手間も省け、料金も比較的安く済むことが、普及を後押ししています。

 私もオンライン英会話は、使い方次第で大変役に立つツールではないかと考えています。相手の話を聞き取る力や、自分が英語を話す力の訓練になることはもちろんですが、オンライン英会話ですと相手の表情や身振り手振りも見えますので、たとえ少し英語が聞き取れなくても、それらから相手が言っていることの意味を類推する力もつくのではないかと思います。また、特に地方に住んでいる人の多くは実際に外国人に会う機会が少ないと思いますので、オンライン英会話がそれを補完してくれると思います。

 ただ、それでもオンライン英会話と、実際にネイティブと会って行う「本物の」英会話はやはり別物であると私は考えます。主な理由としては、オンライン英会話の講師は相手が英語があまりできないと分かっているので、難しい単語やスラングを使うことはめったにないでしょうし、話す速度も比較的ゆっくりにしてくれる人もいると思うからです。一方、「本物の」英会話となるとそうもいきません。教科書的な英語だけではないスラングやくだけた表現も多く出てきますので、一般的にはオンライン英会話よりも難易度が上がるといえるでしょう。

 なので、特に英会話の初心者でいきなり「本物の」英会話は不安だ、という人は、まずオンライン英会話で訓練してみて、手ごたえを感じてきたら「本物の」英会話に挑戦してみるというのもよいと思います。


友達がオンライ英会話を営業する夢をかなえた

高校を卒業してからずっとアメリカに留学し、アメリカ人と結婚して、アメリカで生活している友人が、念願だった起業を実現しました。
その起業内容が、オンライン英会話の先生をするということです。

オンライン英会話なんて別に起業する必要もないじゃないかと思うかもしれません。どこかのサイトに登録して、生徒を待っていればオンライン英会話の先生になることができます。

ですが、友人のやっているオンライン英会話はちょっと異なります。

なんと、オンライン英会話のテキストも、彼女は5年ほどの歳月をかけて自分1人で作り上げたのです。

きちんとそのテキストを修正してもらったり、他の英語関連の仕事をしている仲間達の意見を取り入れながら、より良いテキストを作り上げ、紙ではなく、こちらもオンラインで使えるように、電子書籍として作り上げたのです。

しかも、その視点が彼女らしい視点で作り上げていて、分かりやすい物です。

アメリカ駐在をされる方、ただ単に英語を学びたいという方で、世界中にいる人とスカイプと自分が作ったエキスとを使ってオンライン英会話を繰り広げています。

メルマガなども発行していて、かなり力を入れた英会話教育をしているようで、英語好きにはたまらない内容だと思います。