オンライン英会話を、学校の英語の授業に取り入れるのも一案では?

俺のオンライン英会話

オンライン英会話を、学校の英語の授業に取り入れるのも一案では?

現在では小学校でも英語が必修となり、今後はその開始時期が5年生から3年生に引き下げられるなど、英語教育が重視される傾向があります。
しかし、それでも英語の話せる日本人はまれと言っても過言ではありません。それはどうしてなのでしょうか。私は、日本人の多くが英語を話すことを恥ずかしがったり、怖がっていることが大きな原因の一つではないかと考えています。

英語を話す以前に、外国人を見ただけで緊張する人もいます。また、ネイティブのような発音でしっかり英語を話す日本人をからかったり、冷やかすという奇妙な現象が見られることもあるそうです。このようなメンタリティでは、どんなに英語を勉強したところで、決して話せるようにはならないでしょう。

 英語を話すという技術と同時に気持ちの問題を解決すべきだと思います。すなわち、英語を話すことは恥ずかしいことでも何でもないということを理解させる必要があります。オンライン英会話はその格好の教材となるのではないでしょうか。

一人ひとりパソコンの前に座らせ、否応なしに英会話をさせることによって、英語で話すことに慣れさせていくのです。予算の問題もあり、全ての学校に、というわけにはいかないでしょうが、普段英会話をする機会などめったにない子どもたちの意識改革に役に立つかもしれないとは思います。