オンライン英会話で憧れの外資系企業に合格!

高校生まで、英語がとても得意で将来は外資系企業で働きたいという夢を持っていました。

しかし大学に入って、自分の英語力をはるかに上回る友人がたくさんいて、いい気になっていた私は一気に自信をなくしてしまいました。そこからは、大学の勉強はするものの以前よりは意欲をなくしてしまったのです。

ただ、1人いつも私の英文や発音を褒めてくれるとても素敵なアメリカ人の先生がいました。その先生と話す時、一番楽しくて英語をやってきてよかったなぁと思っていました。

先生は、私に足りないのは語彙力と会話の反復練習だと仰り、基本的な英語力はあるからオンライン英会話で空いた時間に話す練習をしてみたらどう?と教えてくれました。

それでもなかなか踏み出せずにいましたが、今のうちに英会話に慣れておけば、もしかすると外資系企業を受験して面接になっても怖気付かずに受けられるかもしれない、と頭によぎったのです。

そこで、一番料金が安くて融通の利くものを選びついにオンライン英会話を始めたのです。

始めは、なかなかぴったりの先生に出会えなかったのですが、2週間毎日違う先生にレッスンを受け、とっても素敵な先生に出会うことができました。同じ女性として、英会話だけでなく人生において大切なこともたくさん教えてくれて、毎日話すのが本当に楽しみになりました。

そしてついに、外資系企業を受験した際、先生に徹底的に特訓してもらい、なんと、見事に合格したのです。画面越しにですが、本当に親のように喜んで泣いてくれていました。

本当にこの先生との出会いで私の人生は変わりました。勇気が出ないあなた、ぜひ一度レッスンを受けてみてください。意外とすんなり、受けられます。そして人生が変わります。


オンライン英会話スクールを利用するに至るまでと収穫

ちまたに溢れているオンライン英会話スクール。この中からサービスがよくて、いい講師がいつでも予約できて、なおかつ100円マック並みに安いところを探すのは至難の業だ。

 7年前、初めてオンライン英会話スクールを決めたときは、5つくらい無料体験を試して、QQEnglishに決めた。

当時私は8時間勤務出来る仕事に就くことができず、パート事務をしながらスキル磨きに余念がなかった。簿記やP検といった、事務員として採用してもらえそうな分野。

 その一つに、ちょっとした英語も出来ます!ってカッコいいじゃないですか。

 動機は単純だったが、スクールを決めるときは片っ端からオンライン英会話スクール利用者のブログを読み漁った。
 そのうちに、「カランメソッド」というキーワードに遭遇した。

 伝統的な英国から生まれた英語学習法である。

 英国。米語より、英語のほうが格式高いという思い込みもあって、このメソッドを取り入れているQQEnglishに白羽の矢を立てた。
 このスクールの特徴は、セブ島にちゃんとしたオフィスを構えていて、レッスン時の通信も安定している。
 日本人のサポートスタッフもいて、わからないことや疑問があれば日本語でメールできる。

 そしてなにより、満足出来ないレッスンについては全額保証がついてくる。

 私は、始めたと同時にイギリスのCallan Schoolから、テキスト全巻を取り寄せた。
 youtubeを観ていただくとわかりやすいのだが、このカランというのは、講師が早口で質問を2回くりかえし、何も見ないで回答する学習法。

 初めて受けた夜は、レッスンが夢にまで現れて、朝起きたとき、徹夜明けのような感覚であった。
 そのスクールはカランを中心に、3年ほど利用した。

 安価で質も良いスクールのおかげで、英語を使う仕事にはまだ就けていないが、いくつかの国の外国人とSkypeで交流できるようになり、
おたがいの文化について興味深く遣り取りできるようになった。得たものは多かった。