TOEICと限定せずに勉強した方が効果的な事もあります

1,なぜTOEICで高得点を狙おうと思ったのですか?
特に強い理由は無いのですが、やっぱり時代的に人気だった事が大きいでしょう。
企業では、採用や昇進条件として「TOEICスコア」が要求されていましたし、「取っておかないとマズい?」という雰囲気はありました。
しかし、自分が所属していた会社は、特にそういう会社ではありませんでしたから、まぁ、「なんとなく」「念の為に」でしょうか。
結局は自己満足と言うか、何か自分を証明する資格が欲しかったのだと思います。

2,当初の計画ではいつぐらいまでに、何点ぐらい取る予定でしたか?
あまりハッキリした計画は立てませんでした。
寧ろ、ある種の趣味として、楽しみながらずっと勉強できれば良いという感じでしたね。
ただし、スコアに関して言えば、600くらいでは「とっても仕方がない」とは思っていました。
韓国の一流企業では「入社資格がスコア800以上」なんてところもある程で、「どうせ取るなら700以上」とは感じていました。
まぁ、長く勉強を続けられれば、自然とスコアは上がるはずで、どちらかと言うと「長く続ける」為に、いろいろと工夫はしました。

3,1週間のうち、いつ、どのタイミングでどのぐらい勉強をしていましたか?
リスニングは時間がかかると覚悟していましたから、朝晩の通勤電車で、ずっと教材のCDを聞いていました。
聞き取れる・聞き取れないは意識せず、とにかく何度でも聞くことが大事です。
これ以外は、各種の教材を、通勤時や昼休みなど、時間があれば読む程度でした。
TOEIC対策の雑誌も買いましたが、これは正直、面白く無いので・・・傾向と対策を知るのに使った程度ですね。

4,最もやってて効果を実感した勉強方法を教えてください。
自分が飽きてしまうと、続かなくなると判っていましたので、飽きない様に「教材選びを楽しむ」事です。
例えば、古本屋の100円コーナーに行っても、CD付きの英会話教材は売っているワケです。
とりあえず買って、勉強すると言うよりは「英会話教材ソムリエ」になったつもりで、内容を楽しんで評価する。
TOEIC対策に内容を限定した本だと、効率は良くてもすぐに飽きてしまうワケです。
だから範囲を広げて、様々な英語教材を「楽しむ」事で、継続を狙いました。

実際、私が100円で買った本の中には「トラベルガイド向けの英語教材」や、「英語で描かれた変な看板の写真集」なんてものもあります。
英語と一口に言っても、内容は様々ですし、結局は文化の一端なワケです。
様々な視点、切り口から「英語を理解する」のだと思えば、これらの本を面白がって読むというのも、英語学習の一環です。

こうして、予備知識を無駄に広げてから学習に戻ると、いろいろな意味で余裕が生まれています。
本当の自信と言うのは、こういう裾野が広い勉強から生まれるものだと思います。

5,あまり効果がなかったものはなんですか?
効果が無い、と言うと言い過ぎですが、TOEIC対策の専門書は、自分には合いませんでした。
これは結局、「受験参考書」のみで勉強した人が、その知識で「学者になれるか?」という話と同じだと思います。
単なる資格と割りきって、出題範囲のみを詰め込めばOK、という人は、「別に英語が好きなわけではない」のだと思います。
ただし、受験と違って、英語のリスニングはどうしても時間がかかります。
教材のみで勉強したのでは、どうしても幅が狭くなりますから、万全とは言えないのでは無いでしょうか?
好きでもない学習を、長く続けるのは苦痛でしかありません。
寧ろ、英語の楽しさ、面白さを理解でき、長く学習が続く様に考えた方が良いと思います。

6,TOEICのスコアを取った後、生活や心境の変化はありました?
何か安心した様な気分にはなれました。
自分の場合、もともとがマイペースなのですが、「それで良かったのだ」と納得できた感じですね。
最初の受験で、スコア750を取って、その後は受験していませんが、英語の勉強は前と同様に続けています。
まぁ、こうやって「趣味の一部」にしていまえば、苦痛なく勉強は進むワケでしょう。
ふと気が向いて、次に受験した時に、より高いスコアが取れれば良いのですが、まぁ、取れなくても良い気もしています。

7,今後は英語をどう活かして行きたいですか?
TOEICスコアというのは、「他人に対して、自分の英語力のレベルが理解しやすい」と言うだけの話です。
自分自身にとっては、特に意味は無いワケです。
実際には、英米人並に英語を使うまでには、まだ相当な努力が必要ですが、やはり理想は「吹き替えなしの洋画を観て内容が理解できる」あたりでしょう。
先は長いと思いますが、いつか、そうなれそうな気はしています。
エンターテイメントだけでなく、アメリカで売っている安い商品をネット通販で購入したり、生活の面で役立つ事もいろいろとあります。
英語を「使いながら」レベルアップをして行こうと思います。

8,オンライン英会話に興味はありますか?その理由も教えて下さい。
あまりありません。
今だったら、動画サイトで「普通の人が喋る英語」に触れる機会は得られますし、無料です。
寧ろ、いろいろな国の人が喋る、各国バージョンの英語を聞くことができますから、こっちの方が有効な気がします。

9,最後にこれからTOEICを勉強する方へ、つまづかないためのアドバイスをお願いします。
短い期間で結果は出せないと思います。
出せるなら、それはその人が特殊なだけでしょう。

長くかかると割りきって、その長い時間を楽しむ工夫をした方が結局は有効ですし、やっていて「楽」だと思います。
どうせなら「資格」というだけでなく、どこへ行っても使えて、一生涯有効な「能力」として英語を身につける方が良いでしょう。
TOEICの受験、その為の学習と言うのは、このきっかけとして「良い機会」だと思いますが、如何でしょうか?