オンラインスカイプ英会話の難しさ、リアル英会話スクールとの違い・デメリット

俺のオンライン英会話

オンライン英会話は今や100社近くあり、サービスや料金形態は実にさまざまです。
オンライン英会話と言えば、たくさん話せる、安い、時間的な制約がほとんどないなどメリットが多いことが特徴ですが、難しさも持ち合わせています。

英会話スクールのように英会話講師から直接学ぶ場合と何が違うのでしょうか。

講師側での通信回線トラブルがある

オンライン英会話はインターネットを使用してレッスンを行います。
そのため、インターネットの接続環境や天候によっては通信速度が遅くなるなど、通信回線トラブルが発生することがあります。

オフィスベースの英会話スクールだとこういった状況はまれですが、ホームベースの英会話スクールに多いでしょう。

レッスン中に講師の英語を聞き取ろうと集中しているのに回線が途中で切れてしまうなどといったことも起こりうるのです。そういった場合は後日レッスンを受け直すなど運英会社が対応してくれたりしますが、できることなら避けたいですよね。

また、回線が弱いとデータの送受信だけでかなり時間がかかりますので、画像を一つ送るだけでも大変。以前PDFを1枚送ろうとして10分ぐらいかかりました。

日本側での通信回線トラブルがある。

僕はポケットWiFiを持っているのですが、場所によってはそのポケットWiFiでスカイプを行うと、何故かたまに回線が切れます。(数メガ出ているにも関わらず。)

また、スマートフォンを使う場合はビデオを使うと落ちる可能性が高くなりますので、音声だけで対応するのが良いかと思います。(LTEなどが入っている場合は落ちにくい)

顔が見えない

カメラを強制していないスクールでは、相手の顔を見て英会話をすることが出来ません。
そうするとやはりオフラインの英会話スクールよりコミュニケーションや間の取り方が難しくなって、気を使うことによって疲れるんですね。

また、双方で図を書いて説明やジェスチャーも出来ないためハードルが高いです。

講師が固定しない

これは格安オンライン英会話スクールの最も大きなデメリットの一つ。

自分のお気に入りの講師がいつも空いているとは限りません。毎回講師が同じとは限らないため、レッスンのたびに希望する学習内容を伝えることになります。また、「Nice to meet you.」からスタートして、最初に自己紹介。。。などが始まる場合が大抵ですので、これもやや面倒。

初めての先生とどうやっていくか、慣れていくかの対策は必要でしょう。

学習スタイルの確立が必要

レッスン内容は基本的に自由なので、レッスンプランを自身で立てていくことになります。
英会話スクールでは講師がレッスンプランに沿って指導してくれますが、オンライン英会話では講師にどんなレッスンを受けたいのか伝える必要があります。

これが結構難しい。なぜなら各語学学校で使っているテキストが違いますし、講師によっても変更する必要があります。通常の英会話スクールとは違うやり方でオンライン英会話は進める必要があるんですよね。

自分のパターンを作るためには色々試してみないと分かりませんので、時間がかかります。

講師が休む

これもたまにあります。

僕は早朝にスカイプレッスンをやっていたため、講師が休む率が他の時間帯に比べて若干高かったと思います。
特に朝6時(フィリピン側では5時)の授業では割と起こりました。(その場合は代わりの講師がいれば、その講師が対応します。)

以上のようにオンライン英会話スクールは利便性やコストパフォーマンスという点では優っていますが、授業を受けるという点においてはリアル英会話スクールに比べて、難しい部分が多いのも事実です。

時には先生を選ぶコツや授業テクニックが必要であり、時には我々が柔軟に対応しなければいけません。

当サイトではこの部分をうまくハンドリングして、リアル英会話スクールにも負けないパフォーマンスを出せるような、ノウハウをご提供出来ればと思います。