オンライン英会話講師はフィリピン人、それともネイティブが良い?

オンライン英会話講師はフィリピン人、それともネイティブが良い?

オンライン英会話スクールの講師はフィリピン人であることがほとんどです。

英会話と言えばネイティブ講師から学ぶというイメージが強い日本では、フィリピン人から英語を学ぶことについて不思議に思ってしまう方もいるかもしれません。

フィリピン人講師とネイティブ講師ではレッスンに大きな違いがあるのでしょうか。

英語はフィリピンの公用語

フィリピンの公用語は英語で、英語は日常的に使用されています。

また、歴史的にアメリカに統治されていたことから、アメリカ英語に近いアクセントが特徴的です。オンライン英会話のフィリピン人講師の多くは、訛りがほぼ無いきれいな英語をしゃべっています。

ただし、中にはフィリピン訛りの強い英語を話す講師もいます。
ホームページの講師一覧にアクセスすると各講師の自己紹介の動画が見れるので、気になる方は講師の英語を聞いてから予約するとよいでしょう。

なお、アメリカ英語に近いアクセントと上記で書きましたが、ネイティブの発音とは、やはり多少異なります。
もし、本当にネイティブ並の発音で英語を話したい方は、ネイティブの授業を受けることをおすすめしますよ。

フィリピンでは英語を第2外国語として位置づけているので、非常にスラングが少ないです。フィリピン人講師の中にはアメリカ映画を見て、スラングを学んでいる人も多いぐらい。

これは我々にとってはメリットで、フィリピン人が話す英語はいわゆる教科書的な英語表現なので、取っ付き易いんですね。

なので、初心者の方から中級者の方はまずはフォーマルな英語を学ぶ必要があると思いますので、フィリピン人の話す英語でも十分勉強になると思いますよ。

もし、そこから更に一歩深く踏み入れたい・・・ということであれば、ネイティブ講師が良いでしょうね。

ネイティブ講師はレッスン料金が基本的に高い

フィリピンは物価が安いことから様々な経費を抑えることができ、結果として安くレッスンを我々は受けることができます。
しかし、ネイティブ講師のレッスンは人件費がフィリピンよりも高くなることから、どうしてもレッスン料金も割高になりがち。

フィリピン人講師とネイティブ講師とでは、オンラインでのレッスン料金の差が月1万円以上になることは珍しくありません。

しかも「毎日授業を入れることが出来ない」や、「マンツーマンではなく、グループクラスになる」などのマイナス点があります。

なので個人的な結論として、ネイティブとのオンライン英会話は「ネイティブ圏と仕事をする方や、今後そういう機会を持ちたい方」、「アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどに留学や、ワーキングホリデーをする予定の方」など、明確な目的がある方にオススメ。

逆にそうでない方は、ネイティブ圏ではなくても大丈夫だと思います。

できるだけ費用を抑えて数をこなすのであればフィリピン人講師のオンライン英会話、ネイティブから教わる必要性がある方は、多少高いのを覚悟してネイティブ講師を選ぶとよいでしょう。

なお、フィリピン人講師メインの格安オンライン英会話の中にも、少数ではありますが各オンライン英会話サービスで、数名のネイティブ講師がいる場合もあります。(各社が特別契約しているようですよ。)

是非、見つけてみてください。