オンライン英会話はホームベース型か、オフィス型か?違いを比較

俺のオンライン英会話

ホームベース型かオフィス勤務型か

オンライン英会話の運営方法は大きく分けてホームベース型とオフィス勤務型の2種類があります。

ホームベース型でもオフィス勤務型でも、変わりなくレッスンが受けられることからあまり影響はないと思われがちですが、実はこの違いはスクール選びの際に確認しておきたい重要なポイントです。

ホームベース型のオンライン英会話サービスとオフィス勤務型とでは、どういった違いがあるのでしょうか。

ホームベース型のオンライン英会話スクール

ホームベース型のオンライン英会話サービスでは、講師の自宅からレッスンを行います。そのため、オフィス勤務が難しい場合でも講師の数を増員しやすくなります。

講師の数が多いとより気軽に予約できるようになり、効率よくレッスンを受けられます。
しかし、個人宅の通信回線でレッスンを行うことから、豪雨や台風などで回線不調になることもあることがデメリットです。

また、フィリピンに行かれた方はよくご存知だと思いますが、通常フィリピン人の家はそこまで豪華ではありません。一人暮らしをしている方はルームシェアをしている場合が多いですし、壁も薄い。。。。

そういった状況下でオンラインスカイプを受けるとどういうことが起こるか?
例えばこんなことが起こる可能性があります。

  • 朝はニワトリの鳴き声が聞こえる(しかも激しい 笑)
  • 車の音が聞こえる。
  • 隣の人の声が聴こえる。
  • 夏になれば扇風機の音が聞こえる。

といったことが起こりえるんですね。

この辺りは講師によって環境が大分異なるため、直接その講師とやりとりをしてみないと分かりませんが、我々にとっては不安要素です。

オフィス勤務型のオンライン英会話スクール

オフィス勤務型のオンライン英会話スクールは、講師がオフィスに集まるため組織化しやすく、研修など教育体制が整っています。

また、オフィス用の通信回線を使用し停電対策も行っていることから、通信環境が安定しており、回線不調になる機会が少ないことが特徴です。

スクールによっては日本語OKのコールセンターを設けていることもあり、困ったときでも気軽に相談できるのが強みでしょう。

ホームベース型のオンライン英会話サービスは、講師の数は多く柔軟な対応も可能であることも多いですが、サービスの充実度や通信回線の安定性で比較すると、オフィス勤務型のほうが優れていると言えます。

教師の質はどっちの方が良いのか?

教師の質という点ではホームベース型のオンライン英会話、オフィス勤務型も両方素晴らしい先生がいます。

ただオフィス勤務型英会話スクールの方が管理しているマネージャーが常に近くに居る関係上、時間に正確であり、授業態度もまじめにならざるを得ないので、最低限の質が確保されているというメリットがあるでしょう。

つまり教師のレベルが1~10まであるとすると、ホームベース型は1に当たる可能性もありますが、オフィス勤務型は1や2に当たる可能性はマレだと言えます。(10についてはどちらも同じ)

迷ったらオフィス型の学校を選ぶようにすると良いかもしれませんね。