日本人が英会話を習得するのにかかる時間は結局何時間なのか?

日本人が英会話を習得するのにかかる時間は結局何時間なのか?

6年間の英語学習では足りない!?

現在では小学校でも英語教育が取り入れられていますが、今大人の私たちは中学校、高校で少なくとも6年間は英語を学習してきたはずです。

しかし「そのわりには話せないぞ!」、、、そう感じられている方も多いのではないでしょうか。(もちろん、僕もその一人)

この6年間という年月ですが、確かに毎日1日中英語に触れているわけではありません。
そこで学校の種類によっても異なりますが、だいたいこの6年間で1000時間程度英語を勉強していると言われています。

しかしその1000時間という時間では、日常会話ができるようなレベルに達するには少し難しいということでしょう。

何時間英語学習をすればよいのか!?

それでは日本人が英語を習得するのには一体どのくらいの時間が必要なのでしょうか。

このどのくらいの時間が必要かというテーマに関しては実は様々な説が存在します。
しかしどれを見てもだいたい平均的な時間と言えるのが3000時間くらいでしょう。

6年間かけてやっと1000時間と考えると、3000時間だなんて気の遠くなる話しですよね。
ですが考え方によっては私たちはすでに1000時間は勉強している、つまりあと2000時間が必要なんだと前向きに見ることもできるのです。

ちなみに、この記事の一番最後に個人の体験を通じた、もうちょっと楽観的な意見も書いていますので、最後まで読んでもらえると嬉しいです。

中学高校で約1000時間勉強しても話せない、確かにそう感じる方も多いと思われますが、今からまた英語の学習を再開するとすれば、ゼロから始める必要がないというメリットがあります。

みなさんアルファベットが書けるでしょうか、日本語のはい、いいえが英語で言えるでしょうか、ばかげた質問だと思われるかもしれませんが、そういった基本中の基本から始める必要がないのも、やっぱりこの6年間のおかげなのかもしれませんね。

残り2000時間を達成する方法

さてそれでは残りの約2000時間をマスターするにはどうしたらよいのでしょうか。

と言いますのも例えば1日1時間毎日勉強したとしたら、1年間で365時間にしかならないからなのです。それどころか1日1時間のレッスンや勉強時間をとるのも困難だという方が多いはずです。

実際英会話スクールに通うとなると週1回、多くても2回がいいところでしょう。
これでは継続性もなければ、2000時間を達成するには本当に遠い未来の話しになってしまいますよね。

これこそ、英会話スクールに通っても中々英語力が伸びない理由です。。。

オンライン英会話のすすめ

そこで上手に利用したいのが、今話題となっているオンライン英会話なのです。

オンライン英会話とはスクールによっても異なりますが例えばスカイプなどを利用してレッスンを受けるタイプのものです。

インターネットが利用できる環境さえあれば、スマートフォンからなどでもレッスンを受けることができる、そしてその上早朝、深夜のレッスンはもちろんスクールによっては24時間開講しているところもありますから空いた時間を利用していくことができるのです。

多くのオンライン英会話では月謝制で月々一定の金額を払うことで毎日の受講が可能な上、マンツーマンレッスンを受けられるところもあります。

そういったところは1レッスン25分~30分というところが多いですが、それでも毎日継続して受けられるという点ではかなり魅力的かもしれませんね。

英会話をマスターするための数字についての補足

ちなみに楽天の三木谷社長は1000時間で英会話はマスターできるとおっしゃられているようですので、もしかしたら1000時間で済むのかもしれません。

個人的な体感としては、僕はフィリピンセブ島へ4ヶ月ほど留学していたのですが、週に50時間を2ヶ月分、つまり合計400時間をしたところ「割りと間を置かず返答出来るようになったかな。」っと感じるようになりました。(センテンスはまだまだ間違いが多いが、僕達が「英会話がこのぐらいできたらいいな~」っというイメージしているレベルぐらいにはなった。)

400時間はオンライン英会話を1日1時間行うとすると、1年と3ヶ月ぐらいで達成します。自習を1時間加えればもっと短くなりますね。

ご参考までに・・・