選択テク1:オンライン英会話で質の高い講師を見分ける方法

俺のオンライン英会話|30社300時間以上受けてわかった成功するスカイプ英会話の秘訣

質の高い講師に教えてもらう!相性の良い講師に教えてもらう!
オンラインスカイプ英会話を成功させる秘訣はまさにここにあります。

では、どのように獲得すればよいのでしょうか?ここではいくつかの方法をご紹介しましょう。

1,質の高い講師を見つける王道のやり方

基本的にこのやり方でやることで8割ぐらいうまくいきます。

王道のやり方は至ってシンプル。

「ブックマークや人気講師リストから検索をして、人気の高い講師に教えてもらう!」

という方法です。
授業が埋まっている講師をあえて選ぶ方法ですね。

100人以上の講師から授業を受けてわかったのですが、人気講師はやっぱり授業の進め方がうまいです。

もちろん、相性があり「あれ?」っと思うときもあります。(その理由は別の記事でご紹介します。)

ただ大抵の人気講師は、「若くて可愛い」から人気講師になっているわけではありません。

人気たる所以があるんですね。

話の進め方がうまい、間のとり方がうまい、文法などに詳しい、おしゃべりではない、的確なタイミングで的確な質問をしてくる。チャットボックスにひたすら書いてくれる(そしてそれを嫌がらない。)

などなど色々な原因があり、その結果として人気になっているわけです。

なので、まず最初はいきなり変化球で攻めるのではなく、人気講師から選んで頂くのが間違いないかと思いますよ。

最初に人気講師を10人~20人ぐらい、自分のブックマークリストに加えて、その先生たちのスケジュールをすぐに見れるようにしておきましょう。

とはいえ、人気講師はいつも前日の朝からフルで埋まってる可能性が高い。
特に早朝の6時~7時と夜の8時以降は、大抵前日、もしくは前々日に埋まってしまいます。

なので中々、彼らの授業を受けれないんですね・・・・

そこで!

2,人気講師ではないが、質の高い講師を見つける方法

人気講師を避けて質の高い講師を見つける方法を探しましょう。

基準となるのは以下です。

  • 1,講師歴の長さ
  • 2,年齢
  • 3,大学とその専攻
  • 4,TEOICマーク
  • 5,コメント
  • 6,趣味(アメリカムービーを見る)

講師歴の長さ

講師歴の長さは非常に良いバロメーターになります。基本的には講師歴が長いということは、その仕事を好きでやっている方が多く、何百人、何千人の生徒を見てきているので慣れているんですね。

また、同じ英会話スクール内でしたら、そのスクール独自のメソッドに慣れているので、オーダーしても問題なく対応できるでしょう。

3年以上やっていれば7割ぐらいの確率で当たると思います。
なので、レアジョブなどでは講師歴~年以上というチェック項目があってそれで検索をかけることが出来るので、やってみるのもいいでしょう。

ただ、残念ながら長いだけの先生もいます。。。

そういう先生は大抵翌日のクラスが1クラス、2クラスしか埋まっていません。
「長いのに埋まっていない」これはかなり怪しいでしょう。

もしかしたら避けたほうが無難かもしれません。

年齢

年齢は一般的に高めの方が良いです。

その理由は単純で、講師歴が比例して長くなる傾向にあるから。

僕は新しい先生を選ぶ際は、絞り込む時に30代以降にする時も結構あります。その方が経験が豊富な先生が多いからです。

また、今使っているオンライン英会話での講師歴が少なくても、他のオンライン英会話で経験があったり、オフライン(リアルの英会話学校)での講師歴が長い先生もいます。

こういった先生は分かりやすい授業をしてくれる場合が多いですので、見つけることができたらラッキーですね。

大学や専攻

語学は知識。

だからやはりいい大学を出ている(もしくは在学中)の先生の方が、教え方のうまい方が多いです。

特にフィリピンの場合は「良い大学は学費が高い、学費が高いということはそれなりに裕福な家庭で育ってきている可能性が高い、裕福な家庭であれば勉強にかぎらず良い教育を受けている。」という公式が成り立ちやすいのが現実。

マニラであればフィリピン大学、セブ島であればサンカルロス大学が有名。

その他のフィリピンで有名な大学はこちら

大学名だけピックアップすると以下です。

1.The University of the Philippines (UP)

2. De La Salle University

3. University of Santo Tomas
 
4. Ateneo de Manila University
 
5. University of the Philippines Los Baños
 
6. University of San Carlos
 
7. Central Luzon State University
 
8. Mindanao State University- Iligan Institute of Technology
 
9. Saint Louis University
 
10. Mapua Institute of Technology

また、専攻についても教育学部である方が好ましいと言えます。

TOEICマーク

TOEICが教えることが出来る先生は、TOEICマークがついています。

TOEICはビジネス英語がベースですので、TOEICの点数はもとよりビジネス英語を学びたい方にとっても、このTOEICマークは参考になるでしょう。

ただし!TOEICマークと言っても学校によって「TOEICマークを認可している基準」は異なります。

「TOEICテストを単に受けた先生」をTOEICマークにしている学校もあれば、QQイングリッシュのようにTOEICの攻略法まできちんと学んだ先生のみ、担当している場合もあります。

TOEICマークは一つの目安として役に立つでしょうが、質は英会話スクールと講師に依存することも忘れてはいけません。

コメント

コメントはオンライン英会話の各サービスによってあったり、なかったりします。

DMM英会話やぐんぐん英会話はこの「講師へのコメント欄」がありますので、非常に参考になりますよ。

僕も重要視している項目の一つです。

ただ稀ではありますが、人気になりすぎて授業が取れないから逆恨みしてコメントを書いている・・・などのような人もいるようですね。

実際に少し悪く書かれているけど、受けてみたら一生懸命教えてくれて案外よかった。という講師も何人もいました。

なので、全部のコメントを信じるわけにはいかなそうです。

趣味

講師の趣味の項目に「アメリカンムービーやドラマ」等がある場合は期待できます。

単純にイケメン俳優のいる映画が好き!・・・という場合もありますが(苦笑)、「アメリカ英語を学ぶために見ている」という講師の方も多くいます。

そのような講師は「発音」が特に綺麗だったり、アメリカ英語のいくつかのスラングを知ってるので、「よりアメリカ英語を本格的に学びたい!」・・・っと考えている方にとっては、重要視した方が良い項目かもしれません。

少なくとも「英語が好き」な先生であることは間違いないでしょう。

講師の選び方のまとめ

以上、いくつかのポイントをご紹介しましたが、基本はやっぱりブックマーク数です。

それ以外の場合でも上記のことを抑えておくことで、良い先生に当たる確率はかなり上がると思いますので、是非ご参考にしてくださいね。