私が一番役に立ったと思う勉強法は、海外の映画やドラマを観ること!

私が一番役に立ったと思う勉強法は、海外の映画やドラマを観ることです。

それも、同じ作品を何度も何度も観るんです。そうすることで、僅かな発音の違いだったり、言葉のニュアンスだったりがわかるようになります。そこで驚くのが、教科書や参考書にはのっていない表現がかなりあることです。たとえて言うなら、教科書や参考書で学ぶのはかなり丁寧な表現で、映画ではもっとラフな表現をしている感じです。
そして、人によっては話すスピードや発音が微妙に違って、なるほどと感じるところが多かったです。

そして、何度も観て大体ストーリー展開を大雑把でも理解することができたら、今度は字幕部分を隠して観てみると、より効果があがります。最初は理解できなかった会話が、次第に自然に理解できるようになるのです。

ただ、アクション映画だけはおすすめできません。会話が少ないのもありますが、アクションばかりが気になってしまい、肝心の会話が全然入ってこないのです。学ぶなら、日常会話を楽しめるファミリーものか、恋愛ものの映画がおすすめです。

英語が上達するには、単語や文法を学ぶ必要があります。そのために私がしたことは、英語の詩を書くという方法です。物語とは違って、一文一文が短いので、単語も調べやすいですし、文法をじっくり学ぶこともできます。そして、できるだけ日常生活に密着したものを取り入れるようにしています。ですが、ここで壁にぶちあたります。それは、擬音の表現です。日本語では、ドキドキやキラキラと簡単に表現できるものも、いざ英語に直すとなるとかなり困惑します。

たとえば、ドキドキは英語では「pitapat」だし、キラキラは「glitter」なのでかなり印象が違います。国が違うとこんなに表現方法が違うんだと、かなり驚きながら学びました。
ですが、幅広いジャンルの単語が学べて、とても役に立ったです。

ですが、どうしても詞が思い浮かばないというときもあります。そういうときには、大好きな歌詞を英語に直すことにしました。特に、意外かもしれませんが演歌を訳すとかなり役にたちます。日本ならではの情緒や風情を英語にすることによって、今まで気づかなかった表現に出会えることができますし、メロディに乗せているので覚えやすいです。

そして、できるだけ大勢の外国人と会話をすることです。特に、観光地にはたくさんの外国人がいます。それまでは、できるだけ話しかけられないように気を付けていました。
もし、会話が成立しなかったら恥ずかしいし、相手の人も困るだろうし、と自分に言い訳をしていたのです。

そんなとき、駅の前で道に迷っている人を見たんです。私が住んでいる地域はかなり田舎で、あまり人通りもありませんでした。駅員に聞けば良いのにと最初は思ったのですが、かなり困った様子に、勇気を出して話しかけてみたんです。その瞬間、彼女はパッと明るい表情を見せてくれました。

私は最初に英語を学んでいるが上手ではないこと、そして質問に答えられるかわからないことを伝えました。女性は大きく頷き、早口で自分の状況を話し始めました。
あまりにも早口だったので、私はもっとゆっくり言って欲しいと伝えて、どうにか彼女が言っている言葉を理解しました。

彼女はネットで私が住んでいる地域の飲食店を見たらしく、どうしても食べたくなってきたのだそうです。私もその店のことは知っていたのですが、場所を説明するのは難しい場所で、結局彼女と一緒に向かいました。歩きながら、彼女は私の発音がいくつか間違っていることを指摘してくれて、正しい発音と別の表現を教えてくれました。そして、目的地についたときに、「話しかけてくれて助かった」と言ってくれました。

やはり英語は実際に使わなくてはダメだと感じ、それからというもの自分から積極的に話しかけるようにしています。
自分でも驚くぐらい上達しました。