高校3年間英語が赤点だったわたしが、毎日英語で海外の取引先と仕事できるまでに上達した、英会話に必要な3つのポイント

以下、高校3年間英語が赤点だったわたしが、毎日英語で海外の取引先と仕事できるまでに上達した、英会話に必要な3つのポイントです。

1.間違いを恐れないこと
2.英語で伝えたい、という環境に身をおくこと
3.反射的に文章の頭が口から出てくるような訓練をすること

まず、間違いを恐れないこと。これはよく言われていることです。
日本人は正しい英文を頭に浮かべてから発言をする傾向があります。

もちろん、人前で間違えるのが恥ずかしい、みんなが足並みをそろえて同じ方向を向いているべき、といった日本特有の同調圧力や、日本における英語教育が原因となっていますが、それだけでなく、英語と日本語の根本的な仕組みの違いによるものが大きいです。

これは、以前、翻訳に関わるビジネスイベントの講演で耳にした話ですが、日本語と英語はそもそもの仕組みが大きく異なるので、完全な50%50%の日英バイリンガルというのは存在しないそうです。必ずどちらかに寄っている。これが、英語に近いゲルマン系やラテン系言語だと、完全に両方が母国語という人がたくさんいるそうです。

それだけ日本語と英語は違うので、日本人が上手に英語が話せないことを恥ずかしいとは思わないで欲しいです。そんなことは当然で、難しくても身につける気持ちが大切ですし、上達したらわたし頑張った!とポジティブに自分を甘やかして欲しいです。

語順の話に戻りますが、日本語以外の英語に語順が似ている言語では、思い浮かんだ文章の単語を英語に置き換えていけばなんとなく伝わる英文になるものです。つまり単語ー単語の置き換えが頭に入っていれば、自国語の順番のまま置き換えるだけで英語っぽい文章が話せるのです。

しかし、日本語は肝心な結論が文末に来ることが多く、順序の違う日本語を英語に変換しようとすると、文章を頭の中で再構築する必要があります。そのため、話し始めるまでに時間がかかってしまい、その間にどんどんと他の国の人が発言をするので、結果として無口な人になっていまいます。

そこで大事なこととして、伝えたい!伝えなきゃ!という環境に身を置く必要があります。自分の発言を相手が待ってくれる状況でゆっくり、訥々と話すのは使えるコミュニケーションスキルとはなりえません。

どうしてもこれを伝えなきゃいけない!という強い思いや強い意志を持って、間違っても、たとえ1単語だけでも発言して相手の注意を引く、そして最低限伝えるべきことを伝えなくてはならない。という切羽詰まった状況に自分を追い込むと、人間頑張れるものです。

例えば、海外旅行先でなにかを盗まれたり、けがをしたり、そのような不運なことが起きたとき、とにかく誰かに助けてもらわなきゃ!となんとか知っている英語だけで現状を訴えようとします。

日本国内の英会話スクールで今日の学習範囲をのんびりと話すのとは置かれている心理状況が全く違います。

そして、少しの基本的な単語とフレーズさえ身につければたいていのことは伝えられるのが英語の良いところです。そもそも相手の英語話者がネイティブとは限らないので、受験英語で覚えた難解な単語などはむしろコミュニケーションを妨げる可能性があります。難解な単語を使わなくても、簡単な単語と顔の表情やジェスチャーだけでいくらでも伝えたいことが伝えられます。

もちろん、盗まれたりけがをするというのはよくないことなので、そのような目に自発的に合う必要はありませんが、外国に行く、海外で暮らすという環境は英会話上達の近道ではあります。

最後に、発言することが怖くない人、もしくは外国人に慣れて怖くなくなってきた人は、よく使うフレーズの冒頭を何度も繰り返して訓練することが効果的です。
これは、わたしが某英会話学校で教わった方法で、この方法が全く意味がないという意見もあるので、飽くまでもわたしには役立ったという話です。
とにかくよく使うフレーズの頭をできるだけ早いペースで何度も繰り返し発音します。

早さは大事です。

日本人のように相手の発言が終わって一息ついたタイミングで話し始める、もしくは、あ、あの人が何か話したそうにしているなーと空気を読む、ということを外国人はしてくれません。

まずは、相手に負けないように話し始めてから文章を作っていけばいいのです。

そのための反射神経を鍛えるのに大切なのが、よく使うフレーズの頭を何度も繰り返して訓練することです。
わたしがよく使うのは、It’s difficult for me to….のような喋りだしです。

とりあえず、それはできないよ!やりたくないよ!というときは、difficult と言っておいて、その間に何故私にとってdifficultなのかを頭の中で整理します。
性格的に、やりたいことを言うのよりやりたくないことを言う方が相手に伝えたいことなんでしょうね…。

反射的に使えるフレーズが増えてくると、会話がぐっと会話らしくなりますし、自分の発言量が増えると当然英語力が上達するスピードも速くなります。

そして、最終的には日本語を介さずに英語が脳内に飛び込んでくるようになります。これはよく話題に出るような簡単な内容のことでしかわたしも体験していないので、なんとも言えませんが、きっと難解な話題でも繰り返しているうちに、勝手に英語が頭に浮かぶようになってくるのではないでしょうか。

以上が、わたしが英語で海外の取引先相手に毎日強気で仕事できるまでになった英会話上達法です。”